昨日のドラフトに関連するのか、セルティックス⇔ネッツでトレード話が纏まりました。

ポール・ピアース+ケヴィン・ガーネット+ジェーソン・テリー ⇔ ジェラルド・ウォレス+クリス・ハンプリー+レジ―・エヴァンス+キース・ボーガンズ+14年16年18年の1順目ドラフト指名権

ただ正式契約は、未だ出来ません。

セルティックスはこれでスペースを沢山作ってFA選手を獲得しようとするつもり?

コーチも変わるし、エインジはセルティックスを一旦解体して作り直すのでしょう?

クリス・ポールやドワイト・ハワードを呼ぶのかな?

 

とは言へ ネッツは凄い補強をしましたね。

スタメンはこんな感じですかね

PG デロン・ウィリアムス

SG ポール・ピアース

F ジョー・ジョンソン

F ケヴィン・ガーネット

C ブルック・ロペス

 

そしてベンチからシューターのジェーソン・テリー

豪華ですね。

それにしてもニューヨークのバスケット・シーンがこれでガラッと変わりましたね。

数年前まではNBAに関しては今一つさえないビッグ・アップルだったんですが、今やビッグ・スターが多くなりましたね。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

ネッツの補強より、「あぁ…、又病気が再発し始めたか…」と言う気持ちが強いです(HCとKGをセットでトレードしようとした時点で、悪い予感はしてましたが)。
一旦解体して作り直すって言っても、あの狂ったGMは再生をデザインせずに破壊しただけって事が多すぎるんで。
ドラフト一巡目指名権も、プロテクトルールが強すぎて、全然魅力ないです(どうせこの指名権もトレードしちゃうんだろうなぁ…)。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2022年1月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop