3月30日 男子は神奈川県の優勝で幕を閉じたジュニア・オールスター戦にNBAニューヨーク・ニックスのスカウト、シンディー・トシエ・スミス氏が密かに観戦してました。

シンディーさんはシアトル出身のNBA初の女性スカウトで、レイモンド・フェルトンとカーメロ・アンソニーをスカウトしたことでも知られるニックス#2のスカウトで、母親が日本人の日系2世です。

女性スカウト1

スカウトに来たシンディーさん

 

彼女は母親の敏江さんの出身地神奈川県に中学生で2m以上あり3Pも撃てると言ふ選手が居ると言ふことで、NCAAトーナメントの最中にも関わらず、急遽来日しました。

その彼とは、今回優勝した神奈川県の2年生#20三浦 竜馬選手

実際は215㎝あり、この長身でスリーの確率は42.3%と高く、ディフェンスでは毎ゲーム20本以上のブロックショットを記録してるとか。

その上身体能力が高く、100mは12.5秒、垂直跳びは89㎝、更に腕が長く、ワイドスパンは252㎝もあります。

13

ジュニアオールスターの三浦君(右から4人目)、この時はジャンプせずにシュートをブロックしました。

 

シンディーさんは彼の身体能力が高いことと、バスケットIQが高いことに驚きましたが、彼がドリーム7の西田さんのTornadoes Jr.ツアーでこれまで3度もシアトルへ行き、JasonのECBAでバスケットを教えて貰った言はれ納得しました。

 

プレーオフに間に合わせるため今すぐにでもニックスと契約したい意向を示しましたが、三浦選手は義務教育を終えてからアメリカへ行きたいとしてます。

しかし神奈川県では、既に小林大起君が中学2年終了後にアメリカの高校へバスケット留学した前例もあります。

ただ三浦君は将来医者になることを希望しており、NBA入りしても勉強が続けられる環境を求めていて、シンディーさんもそれには大賛成しており、調整が出来次第契約したいと言ってます。

三浦君がNBA入りとなると、1947年ニックス入りしたWataru Misaka(三阪 亙 アメリカ生まれの日本人)さん、2005年サンズ入りした田臥 勇太さんに続き3人目の日本人となる。

なおNBA入りするまで [あんたか305]とウェア契約を結ぶことになりました。

今日が4月1日と判った方は下のマークをポチっと押して下さい(笑)

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

もう少しヒネリが欲しかったですねー

〝あんたか〟さん、こんにちは!
こんなに凄い選手がいたなんて、知りませんでした…。
頼もしいことですね!
今後の活躍が、楽しみですね♪

今か今かと、このスクープ記事が出ることを楽しみにしてました。そうきましたがぁ。

先日、駒沢体育館での決勝リーグを見に行ったとき、彼を直ぐ近くで見ました。丁度、体育館ではロビーの改修工事をしていたのですが、脚立に乗り作業している人から「兄ちゃん、そのボルト取ってくれ!」と言われると、偶然通り掛かった三浦君が試合直後だというのに「これっすか?」とジャンプ一番、ボルトを渡していました。「あんな高いところの人に直接…」と周囲を驚かせていました。

しかし、素晴らしいですねぇ。
えっ?三浦君の才能?実力?
それは当然ですが、あんたかさんのこのスクープ記事の事です。特に「写真」なんか溜息物です(笑)。

素晴らしい話を聞くことができワクワクしています。中学2年生で215cmあり、しかも既に毎年ECBAのジェイソンに指導を受けているとはこれは本物です。さすがアメリカしっかりとした情報網を持っているだけにバスケットボールの宝は見落としありませんね。私も2年連続ジェイソンコーチのところへ行ってますが選手として必要な能力を身につけるようにトレーニングしてくれます。もうすでに小林くんがトライしていると聞きましたが、今回の三浦くんは本物ですね。日本には有能なジュニアやシニアがいるのですが伸びる環境を整えるのが厳しいのです。いい指導者は絶対必要ですが、やる気に燃えるような環境を作ってやらねばなりません。幸いにも尽誠の渡辺くんもアメリカへチャレンジしてくれたようで、日本の若者の夢が次第に叶えるようになってきたと喜んでいます。夢は強く信じることによって現実になるのです。是非どんどん日本の若者がチャレンジしてくれる現象を期待したいものです。

つまらんさんへ
受けませんでしたか!? (笑)

ついんさんへ
そうなんですよ、凄いでしょ(笑)

LAPUTAさんへ
実際に見ると圧倒されますよね!!
いつもお付き合いありがとうございます。今回もLAPUTAさんがどう切り返してくるか、楽しみにしてました!!

笈田先生へ
そうですね、夢は持たなければ実現しないし、強く信じることで現実になる、と言ふことですよね。この話がエイプリル・フールで終わらないことを信じてます。

ゲームの写真をよくみると、得点掲示板は「神奈川」となっているし、神奈川の横断幕「意志あるところに~」も掲げられている。おまけに三浦君らしき選手の背番号も#20のように見える。ただ実際のジュニアオールスターは#15までしかいませんが・・・(笑)。ユニも神奈川のそれに見えるし、若干ピンボケで詳細が解らない点まで構成されていて「感嘆」「ため息」でした。西田さんや大起君のくだりは、本当ぽかったです。ただ305の締めくくりが・・・(爆)

※因みに決勝リーグの初日の駒澤体育館ロビーは本当に工事騒音が響いていました (^^ゞ

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop