私が前から言ひ続けてきたこと「ミニバスで完成させるな!」と言ふこと。

ミニバスの強豪チームの選手は上手い子が多く、色いろなことが出来て、特にディフェンスが強くてしっかりしていて完成された感じです。

 

その頂点は毎年3月末に東京で行はれる全国ミニ大会です。

普通に考えたら、この優勝チーム(ミニは1度に4チームが優勝することになってます)から中学でも強豪チームに入り全国中学大会(全中)に出場し、インターハイ、国体で大活躍して大学へ、と思うじゃないですか?

 

先週まで行はれていたインカレ(大学日本一を決める大会)の「記者発表資料」に「大会経験」と言ふ欄が有ります。

インカレの選手になるくらいだから、ミニバス時代は全国大会出場は当たり前と思いますよね。

 

調べてみました。

ベスト8チーム、東海大、青山学院大、明治大、近畿大、筑波大、専修大、大東文化大、日本大を調べたところ、120人中たったの17人でした。

 

更にベスト4のスタメンで絞ると、20人中4人です。

更に優勝した東海大は一人も居ません。

ちなみに、ミニの上の中学で見ると全中出場は6人と多くなってます。

 

さあこの状況は何を意味するのでしょうか?

 

ちなみに、例外中の例外が一名います。

ご存知青学のスター比江島 慎です。

比江島

彼は長丘ミニ、木屋瀬中、洛南高、青山学院と全て全国大会で優勝してます。

彼は天才ですから。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

私個人的には、ありがたい情報です(苦笑)

一所懸命がんばる、だけでいいです。子供は♪(´ε` )

楽しくやりましょう、小学生の時くらい(笑)

中学は福岡の百道中で、全中では優勝した埼玉の和光四中に準決勝で敗れています。都道府県対抗では優勝経験があったはずですが、中二の時か中三の時かどっちだったかな? なんにせよ天才肌ですよね!

比江島選手は百道中ではないでしょうか。

堀野さん aさんへ
そうでしたか? 少し記憶があいまいです。
もう一度全中のデータを調べてみます。

ミニバスは古賀ブレイスで、中学は百道から途中で姪浜に転校してます。

あさんへ
情報ありがとうございます。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年12月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop