3ゲーム続けてのギーク・リポートです。このぐらい要点を纏めてくれると読み易い(笑)

それにしても今シーズンのWJBLは接戦だ!

18日日曜日にトヨタ紡織に勝ってシャンソンが、既に決めているJX、富士通、三菱電機と共にプレーオフ進出を決めました。

*****************

あんどうさん、

日曜日も富士通の応援で、とどろきアリーナに行って来ました。
WJBL三菱電機との2戦目は、見事富士通が勝ちました。パチパチ。
試験勉強中の足軽さんのライブ応援があったら、余裕でヴィクトリー・シガーを味わえたのになぁ、、、アハハ。

■富士通VS三菱
1Q:22-22
2Q:22-14
3Q:13-14
4Q:20-15
計:77-65

◆スタメン:土曜日と同一です。
富士通:#4有明、#8鈴木、#10町田、#12篠原、#45名木
三菱:#3宮元、#6櫻木、#11佐藤、#24王、#54橋本

◆富士通のゾーンディフェンスが要所で効いておりましたし、三菱のセンター#24王選手のファウルトラブルもありました。

試合の流れを変えた大きな”Red Wave“が二つありました。第2Q終盤33-34からの11-2ランと第4Qで同点に追いつかれた62-62※からの15-3ランです:

※この同点の場面で、三菱の速攻がおっとっとシュートになってしまいました。もしこれが決まっていたら、流れは逆だったかもしれません。
ノーマークシュートを外してしまい、チーム全体がガクガクッときてしまったのではないでしょうか。

これらのストレッチで、富士通のバックコート陣からツインタワーズ(#0長岡さん、#12篠原さん)への縦のパスがうまく通りました。
さらに#45名木さんや#1三谷さん達が、華麗にシュートFROM DOWNTOWNを決めました。

富士通最後の攻撃は、町田さんが長岡さんとのアウンの呼吸でのピックアンドロールをしてATBで締めくくりました。わーい!

顔を強打してもプレイを続けたサミこと#22立川さんは16日がお誕生日で、試合終了後会場でみんながハッピーバースデーを歌いました。いつもバスの中から明るい笑顔で手を振ってくれるサミー、お誕生日おめでとう。

以上 ギーク

富士通が嫌いでもポチっと、、、(笑) 

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

>ギーク
レポート、あんがと!! 試験勉強中でなかなか時間が。。。アタマ悪いとダメだね。 試験終わったら呑み行こ!! それよりレッドウェーブの応援だな。。。オイラもFACE BOOKでサミには”おめでとう”しておいた 笑

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年7月
« 4月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop