アジアカップ第5日

日本vsイラン戦は19時から。その前にチャイニーズ・タイペイvsカタールのゲームが有りましたが、最後の場面だけ見ることが出来たんですが、これが最高のエンディング。

残り1.4秒だかにクエートがFTを貰い、1本決めて73-73の同点にしたので場内は大盛り上がり。このままオーバータイム突入と誰もが思った時。

タイムアウト明けのタイペイはサイドからのスローイン。

ゴール付近へ投げられたボールへ、上の方から右に回り込んでジャンプしたのが#14ティエン。

ボールを空中で掴むや、そのままリングへドカン!!

75-73でタイペイが勝ちました。

 

◆日本vsイラン。

イランは2007、09年のアジアの王者。そのメンバーが殆ど残っている。簡単に勝てる相手ではない!

その主力と言ふと#14バハラミ(正式名ニークバハラミ・モハマド・サマド)と言ふ198㎝で体格の良いシューター。

1on1ではアジア#1と言はれている。

そのバハラミを日本はベタマークで抑える、その役は#9栗原貴宏。

良く抑えた、またチームとしてもWチームを掛けて、彼の戦意を喪失させた。

一方日本は外からのシュートが良く入り前半35-25とリード。

第3Qも51-46とリードして終わったが、終了直前、バハラミに2本連続で3Pを決められたのが痛かった。

でもそれは最終Q反撃の狼煙だったとは後で気づいたこと。

イラク戦Tipoff

それまでもカタールやタイペイ相手に逆転で勝ってきたイラク、力が有る証拠!

センターが211㎝と215㎝のに二枚看板、それも幅が有って重そうな奴。

これを守る桜木JRはボディーブローのようにジワジワと効いてくる。

イラクも日本の攻め方を見ぬいてきて、ZoneやM2Mを使い分ける。

特にZoneに対し日本は外のシュートばかり。

ディフェンスでハードに動いた付けが終盤に来て出てきた。

シュートが短い!

そこを見逃さないのがイランの強いところ。勝負どころと見るとプレッシャーは強くなるし、外からのシュートもガンガンと決めてくる。

結局65-71で逃げ切られてしまった。

 

でもしょうがない。

この大会は若い選手に経験を積ませるのが目的なのだから。

全体的にディフェンスも良かったし、積極的に撃っていたので良かったと思う。

比江島のポイントガードも良かったし、ペイント内の上手いムーヴも外人相手に通用した。

田中も栗原のディフェンスも良かった。

 

ただ気になったのは、終盤になってATBしなくなったこと。

Zoneを敷かれたからかもしれないが、もっとリングを攻めて欲しかった。

中へ突っ込んで行ってキックアウトしてシュートさせることも良かったのかな?

それとペリメーターのシュートが少なかったのも気になるねー。

それともう一つ。

BOX OUTを徹底して欲しかった!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop