あんどうさん、

土曜日は、大田区総合体育館で日本代表の応援です。対戦相手は、チャイニーズ・タイペイです。日本代表は、開始から常にリードしますが、第4Qには一瞬ヒヤッとさせられました。困った時の#12桜木JRの安心感のあるプレイが良かったです。さすがですね!

■日本VSチャイニーズ・タイペイ
1Q:27-14
2Q:26-20
3Q:21-22
4Q:26-22
計:90-78

■スタメン:
日本代表:#9栗原、#10竹内(公)、#11桜井、#12桜木、#14金丸
チャイニーズ・タイペイ:#6リー、#9#ツォン、10ジャン、#12リン、#14ティェン

1Q:日本代表ボールで試合開始。日本#12桜木JRがジャンパーで先制すると9-0ラン。チャイニーズ・タイペイは#5ウー選手のアリウープによる得点で9-2。
日本は、ジャンパーによる得点が多いです。我等が栗原くんの速攻が決まったところでチャイニーズ・タイペイCTO(残り時間4分30秒)。チャイニーズ・タイペイのファールが目立ちます。
ATOで#14金丸くんが3Pを決めれば、チャイニーズ・タイペイ#14ティェン選手もお返しで連続3Pを決めてきます(24-11)。桜木JRの連続得点などで、得点差を保って27-14で第1Q終了。

2Q:#4古川くんのジャンパーから29-14。チャイニーズ・タイペイのベンチTFで#4古川くんがFTを2本とも沈めて得点差を広げます。チャイニーズ・タイペイは、#5ウー選手にボールを集めてゴール下のプレイで得点を重ねます。さらにスチールからの速攻を決められ34-22となったところで、日本CTO(残り時間7分17秒)。
ATOでは、チャイニーズ・タイペイのウー選手に3Pを決められますが、古川くんもお返しの3Pを決めて点差を縮めさせません。日本のファールが目だってきましたが、ジャンパーが決まって結局53-34と得点差を広げてハーフタイムへ。

3Q:#12桜木JRのジャンパーから。桜木JRを起点とした安定した攻めでリードを広げます。桜木JR→栗原くんの速攻が決まったところで、チャイニーズ・タイペイCTO(残り時間4分37秒:70-44)。
ATOで、チャイニーズ・タイペイは、#9ツォン選手のATBなどで4-12ランを浴びせます(74-56)。ギャー。

4Q:チャイニーズ・タイペイ#9ツォン選手のプットバックから。さらに、ツォン選手のバスカンで76-64となったところで日本CTO(残り時間7分58秒)。And1も決められて76-65。
#10ジャン選手のFTで76-66。やばい!
しかし日本は、#10竹内くんのジャンパーから8-0ランで84-66と第4Q開始の点差に戻します(残り時間5分28秒)。
日本は、残り時間3分31秒の#11桜井くんのFTを決めたあとに0-7ランを受けますが既に勝負ありました。

以上 ギーク

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2018年9月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ

BasketBall Net ProShop