カリーム・アブドル=ジャバーと言へば、我々から下のバスケット愛好者には神様みたいな存在でした。

身長217cmながら動きは早くバスケットIQも高い選手として有名でした。通常のIQは134だったと思います。

Abdol-Jabbar

高校生なのに進学大学の発表にはTV中継されたとか、まだモノクロの時代ですよ。

ヒートの社長(元レイカーズ・コーチ)のパット・ライリーの自慢は「高校時代ジャバーとゲームしたことがあるんだぞ」

UCLA時代は3連覇(当時1年生は別チームだったから)で3連続MVP。

等々、、、

数え上げたら限が無いけど、一番はNBAで20シーズンもプレーしたことでしょう。それもスターとして。

通算得点38,387点は勿論歴代#1

 

その伝説のジャバーがアメリカ国務省から世界規模の文化使節に選ばれたそうで、これはヒラリー国務大臣が挙げる「スマート パワー」政策によるものらしいです。

 

◆そんな立派な話の後にはふさわしくない話題(笑)

昨日水曜日は鎌倉ブレイカーズの私がコーチする日でした。

上級生と下級生に分けて練習しますが、私は上級生組を見て、安齋コーチと澤田コーチが下級生を見ます。

現在上級生組は5年生を中心に行ってますが、練習後半はスクリメージ(紅白戦)を何回か行います。

通常は下級生組から始めるのですが、安齋コーチは上級生組から初めました。

中には目に涙を浮べた子も居て、ナンだか下級生組の様子が可笑しいんです。

澤田コーチと目が合ったらニヤニヤしてます。

そう言ふことか!!

以前から「下級生組の練習態度に問題有り」とされてました。順番待ちの間にふざけ合ったり、話ばかりして他人のプレーを見ないし集中してなかったんです。

それで、たしか先週あたり安齋コーチが注意したんですね「バスケットやりたくないのなら帰っていいんだよ! 次回またやったら練習しないからね。」と優しく宣言してたんですが、どうやらそれらしいんです。

澤田コーチも「良いんですよ、たまにはビシっとしないと!」

 

上級生の1回目のスクリメージが終わったときに「やらしてください。」と安齋コーチにお願いしするのですが、熱心にお願いする子と、ノホホンと育ち、どうして良いのか判らなくて後ろでモジモジしている子も居て、足並みが揃いません。

勿論安齋コーチは却下!!!

当然だよね(笑) 結局最後まで寒い中 ジーっと座り続けていた下級生達でした。

詳しいことはコチラ ざわごとコーチさん のブログにも書いてあります(笑)

頑張れよ下級生!!

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

当時、1年生はNCAAトーナメントに出場できなかったんですよね!
その年に優勝した上級生チームに1年生チームが勝ったという逸話もあったはずです!

それより・・・
全国区のブログで「ふさわしくない話題」を暴露しちゃいます?(汗汗)
今週の土曜日、担当です・・・

Bond_007さんへ
当時はトーナメントに出場できないだけじゃなく、別チームで練習していたようです。
優勝した上級生から、1人主力が抜けていたんだけど、勝ったんだよね。2年生になったら4人がスタメンになったのじゃないかな、 3年生になった時かな?
明日お願いします、きっと良い子達になってると思う(笑)

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年4月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop