■女子準決勝が行はれました。

山形市立商78-62岐阜女

札幌山の手74-71桜花学園

 

■男子準々決勝

福大附大濠82-70宇都宮工

延岡学園96-73前橋育英

今風のバスケットと言ふのか外のシュートばかり。全然ATBしない。まるでチキンバスケット(笑)

特に育英にはもっと攻めて欲しかった。攻めてないからファール が少ないからFTも少ない、各9個で計18なんてワースト記録じゃないの??

 

現在ハーフタイム 洛南37-32尽誠

ゲーム終わりました66-65で尽誠が逆転勝ちです。

ココも洛南がATBしない。長身の渡辺がゴール下に構えているから突っ込みにくいけど、突っ込んで引き付けてパス(orキックアウト)は常識と思うけどなー。

洛南はスマートなバスケットをするので好きだったけど、ちょっと幻滅(泣)

 

■沼津中央vs京北

沼津には200cmの#15ソウが居る、それを警戒してか京北は外のシュートが多い。

一方沼津は京北#4田渡にベタマーク、静岡県内では能力の飛びぬけた子が多いので良くやる作戦だとか。

京北は#4田渡のワンマンチーム、その田渡が空回り。一昨日の鳥取東先で右フクラハギの肉離れを起こしていて、シュートのバランスが悪いためシュートが入らない、それでも撃つが、益々入らない。

それでもディフェンスの頑張りで前半は39-34と5点差で追い付いている。

 

後半、沼津はソウからのパスが良く通りまわりの選手が得点する、京北のディフェンスがついついソウに目が行き自分のマークを離してしまうためだ。

一時は48-39と9点差を付けられた京北だったが3Q後半でやっとシュートが入りだし61-58と追い上げて最終Qへ。

第4Q立ち上がり京北は#5池田、田渡が攻め込むもののティドロップを外し、逆に沼津は3Pを決め7分67-58と離した。

後はソウの高さを怖がってか、ペイント内に近づかず外のシュートに頼る京北。しかし1回戦からの出場のため沼津より1ゲーム多く、脚に疲れが溜まっている。

そのためシュートは入らず、沼津はソウに集中するディフェンスを尻目に周りの選手が得点して88-69で準決勝進出を決めた。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.

Comment feed

コメントする

カレンダー

2019年10月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop