» 2012 » 5月 » 31のブログ記事

 

imageNBAとFIBA(国際バスケットボール連盟)が、バスケットボールを世界中に広めるためと地域貢献活動を目的に行う『バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズアジア2012 ~国境なきバスケットボール~』 が初めて日本で開催されることになりました。

 

バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズ(BWB)は2001年の第1回開催以来、今年で11年目を迎えますが、今まで5大陸の15ヶ国・17都市においてキャンプを通算30回開催してきました。

のべ130名以上のNBA/WNBAの現役・引退選手とNBA全チームから100名以上のチーム・スタッフがキャンプのコーチとして参加しており、参加選手は100以上の国と地域から1,500人以上を集め、キャンプ参加選手のうち過去21名がNBAでドラフトを受けた実績があります。

 

アジアでは、2005年、2006年、2007年、2009年中国、2008年インド、2010年シンガポールで開催され、今回が7回目の開催となります。

いつ日本で開催されるのかと、首を長くして待ってました。

 

選手は、NBA、FIBA、参加各国協会により、バスケットボールのスキル、リーダーシップ、スポーツへの貢献等を基に選考されたトッププレイヤー達です。
日本初開催となる「BWBアジア2012」には、アジア、オーストラリア、ニュージーランドから選出された50名の18歳以下のトッププレイヤーが参加します。

日本からは誰が参加するのかな??

 

コーチにローランド・ブラックマンが居る。この人とは85年にASICSの関係でダラス・マーベリックスのサム・パーキンスと仕事した時のマーベリックスのPGで、スマートなバスケットをやる紳士的なスーパースターとして覚えてました。インディアナポリスのオールスターゲームで有った時は私のこと覚えていて手を振ってくれましたが、まだ覚えているかな(笑)

 

【名 称】バスケットボール・ウィズアウト・ボーダーズアジア2012 BASKETBALL WITHOUT BORDERS ASIA 2012 ~国境なきバスケットボール~

【日 程】2012(H24)年6 月13 日(水)~16 日(土)

【会 場】◎6/13(水)~15(金) : 味の素ナショナルトレーニングセンター
※味の素ナショナルトレーニングセンターは、会場の都合により見学はできません。
◎6/16(土) : アメリカンスクール・イン・ジャパン

 

【NBAプレイヤー】4名(予定)

・ディケンベ・ムトンボ/NBAグローバルアンバサダー(Dikembe Mutombo / NBA Global Ambassador)

・サミュエル・ダレンベア-/ヒューストン・ロケッツ(Samuel Dalembert / Houston Rockets)

・ウラジミール・ラドマノビッチ/アトランタ・ホークス(Vladimir Radmanovic / Atlanta Hawks)

他1名

【NBAコーチ】:4名(予定)

ローランド・ブラックマン/元NBAコーチ(Rolando Blackman / Former NBA Coach)

・デイブ・ホプラ/元NBAコーチ(Dave Hopla / Former NBA Coach)

・ロイド・ピアース/メンフィス・グリズリーズ(Lloyd Pierce / Memphis Grizzlies)

・ジェームス・ボレゴ/ニューオリンズ・ホーネッツ(James Borrego / New Orleans Hornets)

【主 催】NBA(全米プロバスケットボール協会) FIBA(国際バスケットボール連盟)
【主 管】ゼビオグループ(クロススポーツマーケティング株式会社)

【後 援】公益財団法人日本バスケットボール協会

前半は勝っていて、第3Qにひっくり返されながらも追いついて残り34秒でレイ・アレンが3Pを決め同点でレギュレーションを終了。

ヒートは同点にされた後、レブロンが2本シュートしたけど、2本とも外している。

オーバータイムではウェイドが8点入れて、115-111でヒートが勝って2勝0敗とした。

 

まあ次はTDガーデンだから、そこに期待しよう!

6月28日に行はれるNBAドラフト、その指名順が決まりました。

1位 ホーネッツ

2位 ボブキャッツ

3位 ウィザーズ

4位 キャバリアーズ

5位 キングス

以下 6位ブレーザーズ(ネッツより)、7位ウォリアーズ、8位ラプターズ、9位ピストンズ、10位ホーネッツ、11位ブレーザーズ、12位バックス、13位サンズ

◆シーズンはボブキャッツが7勝59敗で断トツの最下位でした。そしてウィザーズ(20勝46敗)、キャバリアーズ(21勝45敗)、ホーネッツ(21勝45敗)と続きます。

 

◆大方の予想では今シーズン優勝のケンタッキー大 アンソニー・デービス(1年生208㎝PF)が一番に選ばれるのではないかと言はれています。

それに続く選手としてMichael Kidd-Gilchrist(なんて読むんだろう?**)(ケンタッキー大1年生 200㎝SF)ブラッドリー・ビール(フロリダ大1年生193㎝)

1年生ばかりです(汗)

 

いつかここに日本人の名前が出てきますように!

追記 ** Michael Kidd-Gilchristはマイケル キッド ギルクライストと読むそうです。DAIKIに教えてもらいました。

 

*NBAに詳しくない人にドラフトのシステムを解説しましょう。

日本のプロ野球と違い、指名するのは順番になります。

1位指名権を持つチームから順に、○○大学の△△選手、と指名するので、選手指名でバッティングすることはありません。

その順番はどうやって決めるのか?

それは、大雑把に言ふと「弱い順」です。

それじゃ一番成績が悪かったチームから? と思いがちですが、それをやっちゃうと、わざと最下位になるチームが出てくる恐れがあり、シーズン終盤が面白くなくなります。

そこで、プレーオフに出られなかった14チームを優先させます。

14チームの中で成績によってハンデを付けて抽選(実際はピンポン玉)して1位から14位までを決めるわけです。その抽選が今日NYで行はれたわけです。

 

15位以下はシーズンの成績の悪い順に30位まで決めるので、30位は最高勝率のスパーズ(実際はトレード等でドラフト権の譲渡等でウォリアーズが30位)となってます。

こうすることで戦力の均衡化を図っています。

カレンダー

2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop