» 2010 » 2月 » 28のブログ記事

WJBLファイナル・ゲーム3

14時00分@代々木第二体育館

JOMO81-58トヨタ自動車

    18-8

21―15

17-18

25-17 

スタメン

JOMO:#1大神、#8田中、#12吉田、#15諏訪、#53林(平均身長174.4cm)

トヨタ:#3櫻田、#6田代、#12矢野、#15池田、#25久手堅(平均身長172.6cm)

両チームともにM2Mでスタート

いつもにもましてJOMOのポストへのディフェンスは強い、特に矢の、池田に対して。

緊張のためか、両チームともにシュートの確立は悪いが、トヨタは特に悪い。

トヨタはATBするがシュートが入らない、その上田代がミスパスして速攻を決められ9-4されたところでCTO。

ここでトヨタはシュート力のある鈴木を投入するがシュートが入らない、その上頼みの矢野もシュートが決まらず18-8JOMOリードで第1Q終了。

第2Qトヨタはムードを変えようとPGに川原を起用して、いきなりペネトレーションを決めたものの、その後3Pを撃つが決まらず,その上矢野がJOMOに徹底的にマークされリズムを狂わされシュートが決まらず、ペースを代えるまでは行かない。

一方のJOMOもオフェンス・リズムが悪く得点できず、5分には諏訪のパスミスから速攻を決められ24-16とされたところでJOMO CTO。

その後櫻田に待望の3Pが出て4分57秒に26-19と7点差まで詰め寄る。

しかしここで踏ん張ったのはJOMOベテラン林、3Pを決め29-19と戻すとトヨタはたまらずCTO。

その後はトヨタのシュートミスをリバウンドして速攻のパターンでJOMOが加点し、締めは吉田の綺麗なペネトレーションで39-23と離して前半を終了する。

第3Q立ち上がりトヨタは起死回生のゾーンを敷く。しかしこのファイナルで何度も使っており、JOMOは対策も出来ているし慣れているので効き目がない。

その上得意の3Pがマークされ、思うようなシュートが撃てず得点も出来く、逆に45-27と離された6分56秒、トヨタは後半最初のCTOを取らざるを得なかった。

その後櫻田が3Pを決めると田代がそれに続いて51-35と追い上げ開始かと思はれたが、マークされている矢野へのパスミスやシュートミスが多く、後が続かない。

それでも田代が連続でペネトレーションを3本決めるが、JOMOも諏訪を絡ませたピック&ロールやギブ&ゴーと言ふ基本的な攻撃で56-41として最終Qへ。

★JOMO諏訪(黄15)のゴール下シュート

最終Q、2本取られるとトヨタ丁コーチは9分36秒にも関わらず2回目のCTO。

そして1分半後に最後のCTO。

JOMOはボールに合わせての走り込みが多く、また良くボールをまわして簡単に得点するのに対し、トヨタはシュートが入らない。6分69-44

その後トヨタも意地を見せ3Pを連発したが、JOMOはゴール下で諏訪が得点。1分59秒、怪我で今シーズン満足にプレー出来なかった長身山田がコートへ。これが最後のプレーとなるのか、他の選手は山田にボールを集める。山田は涙を流しながらのプレー。

結局81-58でJOMOが勝ち、第11回WJBLのチャンピオンとなった。

?

未だ5勝しかしてなかったネッツに、セルティックスはホームで104-96で負けてしまいました。悔しいけどDice君おめでとう!!

ブルック・ロペスが25得点、デビン・ハリス23得点、コートニー・リー21得点。

最も注目されるのはネッツ41対セルティックス11本と言ふFTの数。

きっとネッツは積極的にリングにアタックしたんでしょう。

ボックススコアを見ると、皮肉なことにFGの数も確率、リバウンドもアシストも、全てセルティックスが勝ってます。それでも勝てない原因は、FTです。

ネッツ34/41の82.9% セルティックス9/11の81.8%

言い訳としては、インフルエンザがセルティックスで猛威をふるっているらしい、とのこと[笑]

?

現在シャーロット・ボブキャッツのパート・オーナー(一部だけのオーナー)であるマイケル・ジョーダンは大所有者のボブ・ジョンソンから株を買い取る交渉が成功した、と言はれてます。


故郷愛の強いことでも知られるジョーダンは、生まれ故郷のノースカロライナ州シャーロット市にあるNBAのボブキャッツのオーナーになるようです。

かなりの赤字を背負っているようだけど、現オーナーのジョンソンは非常勤のため、経営に熱心ではないとされているため、ジョーダンが常にチームを見ている状態なら、きっと成功するだろう、と言ふ人がいます。

昔からNBAチームのオーナーを希望していたジョーダンの夢がかないそうです。
と言っても経営はまだ素人。
それでも良いアドバイザーが彼の周りには多いそうで、その上完全に彼のチーム、と言ふことになれば、ノースカロライナ州では圧倒的な人気を誇るだけに、人気が出てくるのではないかと思います。

女子のWJBLファイナル、ゲーム2は土曜日ぐんまアリーナで行はれ、JOMOが勝って2勝0敗として王手をかけた
戦評はWJBL公式HPより転載。
JOMO83-66トヨタ
   25-18
   12-8
   23-15
   23-25

スタメン
JOMO:#1大神、#8田中、#12吉田、#15諏訪、#51林
トヨタ:#3櫻田、#6田代、#12矢野、#15池田、#25久手堅 
1Q:両チームともハーフコートのマンツーマンデフェンスでスタート。JOMO#1大神のドライブ#8田中の合わせ、#15諏訪のリング下シュート、#53林の3Pで得点を重ねる。
一方、トヨタは、#12矢野のドライブ、ジャンプショット、#3櫻田がフリースローを2本決め、一進一退の攻防が繰り広げられる。
残り3分、トヨタ#12矢野が下がった後、JOMOは、#2木林のドライブ、#6内海の3P、#12吉田と#15諏訪のピック&ロールで得点を広げる。
25-18、JOMOリードで終了。

2Q:両チームともハーフコートのマンツーマンデフェンスは変わらず。
トヨタは、JOMOの激しいディフェンスを#23鈴木の3Pで崩そうとするが得点が伸びない。
一方、JOMOは、フリースロー後のゾーンプレスから速攻、#15諏訪のリバウンドからのシュートで得点を重ねる。
残り2分、JOMO#1大神が下がった後、両チームとも得点が決まらず試合の流れが止まる。
37-26、JOMOリードで終了。

3Q:引き続き、両チームともハーフコートのマンツーマンデフェンス。
トヨタは、#25久手堅のドライブで得点。JOMOは、#12吉田のドライブ、ジャンプシュート、#8田中の3Pで得点を重ねる。
残り7分、トヨタはタイムアウトを取り、流れを変えようとする。トヨタは、ディフェンスを2-3のゾーンディフェンスでプレッシャーをかけるが、JOMO#8田中の連続3P、#21間宮のリバウンドからのシュート、#1大神から#6内海の合わせのシュートで得点を重ねる。
60-41、JOMOリードで終了。

4Q:トヨタは、ゾーンディフェンス、JOMOは、マンツーマンデフェンスでスタート。
トヨタは、#12矢野、#23鈴木の3Pで流れを変えようとする。
逆にJOMOは、#8田中の3P、#21間宮のリング下シュートで得点が広がる。
残り6分、トヨタは、マンツーマンデフェンスに戻す。
その後、#2川原から#15池田の合わせのプレー、#2川原の3Pで追いすがるが、JOMOの#21間宮の連続ゴール、#1大神の2Pで追撃を許さない。
終始、試合をコントロールしたJOMOが83-66でファイナル第2戦を制した。

ゲーム3は今日代々木第2体育館で14時から行はれます。

カレンダー

2010年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

アーカイブ

BasketBall Net ProShop