» 2010 » 1月 » 20のブログ記事

?

1週間ほど前にスパーズvsレイカーズ戦を見ました。結果は105-85でスパーズが圧勝しましたが、スパーズ絶好調に対して、レイカーズは絶不調と対極にあるチームのゲームでしたね。

レイカーズはパウ・ガソールが欠場の上、コービー・ブライアントの腰の状態が思はしくなく、途中でロッカールームへ下がる等、万全ではなかった。

始めこそリードしてましたが、第1Qの終盤には逆転されて、そのまま差は開くばかりです。

第2Q5分には、あのコービーがスパーズの若手ジョージ・ヒルにスティールされる有様。

レイカーズではセンターのアンドリュー・バイナムがガソールの居ないインサイドを頑張っていて、進歩したな、と思ってました。

YouTubeでこのゲームのハイライト動画を探していたら、画像が鮮明なものがあった。それが↓の動画です。

ところが良く見るとスパーズのナイス・プレーばかり。勝ったのだからナイス・プレーは多くて当たり前だけど、コービーのジャンパーも無ければ、バイナムのピボット・ショットもないんです。

どうやらコレはスパーズ・ファンが作ったものらしいんですね。じゃ無かったらレイカーズに悪意を持って編集したとしか思えません[笑]

その後、よく探したらコービーのハイライト動画も、バイナムのもありました。↓がバイナムのものです。

コレと上の動画じゃまるで違うゲームを見てるよう[笑]

コレを見るとバイナムが進歩したって判るでしょう。

昨日のレイカーズvsマジック戦はマジックのドワイト・ハワードが良くて、バイナムはそれほど良くなかったですが、ガソールがそれを十分にカバー(?)してたし、ガードのシャノン・ブラウンがよかったですね。

やはりレイカーズは強い。

それにしても気になったのは動画のこと。

知らないで見てたらスパーズは凄いチーム(其の通りだけど)でレイカーズは弱いチーム、と言ふ印象を与えますよね。

怖いことです。

メディアの一員として、反省しなければなりません。

ファンの立場と、中立を守らなくてはいけないメディアの立場、しっかりと区分けしなければ。

スポーツだからそれほど罪は無いですが、政治、外交についてだったら、大変なことになりますからね。

さてさて、本当はボブキャッツの話題を取り上げようと思っていたんですが[笑]

シャーロッテ・ボブキャッツとメンフィス・グリズリーズが好調なんです。両チームともにこの10ゲームでは8勝2敗で、グリズリーズは3連勝中で、ボブキャッツは4連勝中です。特にキャッツは今年に入って1敗しかしてません。勝率がリーグ#1のレイカーズですら3敗ですからね。

今シーズンまだキャッツのゲームを見てないので、判らないのですが、スタッツを見る限りスティーブン・ジャクソンとジェラルド・ウォーレスが良いみたい。

ヘッドコーチがラリー・ブラウンですから、じっくりとチームを作り上げて来てますよね。

スタッフを見てビックリ! UNCでお世話になったデーブ・ハナーズがいて、一緒にUNCのアシスタント・コーチをしていたフィル・フォードも入っている。

おまけにジェフ・ケーペル(父親のほう)が居て、兄のハーブ・ブラウンもスタッフに居て、皆ブラウンの身内で固めてる。

シャーロットはノース・カロライナ州だから、必然的にそうなるか。

ジョーダンも居るし、、、、、、

カレンダー

2010年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ

BasketBall Net ProShop