» アメリカ大学のブログ記事

アメリカ学生スポーツ界で有力な、特にバスケットでは強豪と言はれるBig East Conference(通称ビッグ・イースト)のバスケット部門から7校が脱退し、新たなカンフェレンスを作ると発表しました。フットボールは残るそうです。

カンフェレンス(Conference)とは日本で言ふリーグですが、自分たちで作り上げます。日本の様にバスケットボール協会(連盟)が作るものではありません。

BigEast床ロゴ大

ビッグ・イーストのバスケットは強豪ぞろいで有名で、最近とみに強くなっていて、昨年のNCAAトーナメント(全米大学選手権大会チャンピオンのUCONNことコネチカット大を含む16校(チーム)で構成されてます。かって強豪リーグと言はれたACCやSEC、Pac-12を追い抜いています。

バスケットは1979年から始まりましたが、フットボールは1991年かららしいです。その学校のスポーツ全てが所属するのかと思ったら、競技別のようです、初めて知りました(汗)

現在はコネチカット大、シラキューズ大、ピッツバーグ大、ジョージタウン大、ルイヴィル大、ノートルデイム大、シートンホール大、プロヴィデンス大、シンシナッティ大、マーケット大、ラトガース大、ディポール大、セント・ジョンズ大、ヴィラノヴァ大、サウス・フロリダ大の16校で構成されてます。

そこからジョージタウン大、シートンホール大、プロヴィデンス大、マーケット大、ディポール大、セント・ジョンズ大、ヴィラノヴァ大が抜ける、と言ひます。

横浜ビー・コルセアーズの#2ドゥレイロン・バーンズの母校であるディポール大は05年に加入したばかりと言ふのに。

ジョージタウンはパトリック・ユーイング、アロンゾ・モーニング、ディケンベ・ムトンボ等良いセンターが集まることでも有名です。

プロヴィデンスは私が初めて見たファイナル4に出場してました。セント・ジョンズは初代ドリーム・チーム・メンバーのクリス・マリンの母校。

 

脱退する、とは言ったもののいつ頃になるのかは発表してません。規則では27か月前に予告しなくてはいけないそうですが、他にも脱退を表明している大学が有るそうで、Bビッグ・イーストのバスケットは無くなるかもしれないとか。

面白いのは、脱退するのには「脱退金」を払派なくてはいけない規則があるそうですよ。

 

脱退の理由は明らかにされてませんが、裏でTV局が動いているとか、、、、、

大学バスケットは人気有る上にゲーム数が多いので、良いコンテンツのようです。

 

良かったら下のマークをポチってして下さい。

土曜日の横浜ビー・コルセアーズ、ホーム開幕ゲームとあって多くのメディアが集まってくれました。

開始15分前にプレスルームでの受付を終了してフロアのプレス席へ行くと,受付してない美人が既に座ってます。

時々居るんですよね。

入口で「正式な受付はプレスルームで行うので必ず来て下さい」と書いた紙を渡すんだけど,無視してフロアやフロアのプレス席に直接行く人が、まあフジテレビが圧倒的に多いですけどね(笑)

特にBSフジのテレビクルーは勝手知ってるもんで、裏から入ってきます(笑)

2012-11-11 15.52.33

一般的に日本の場合、チーム主催のゲームでプレスルームを設置しているところは多くないですよね、特にJBLは少ないです。日本のバスケット界のために良くないですよ。

その為でしょうか、直接フロアへ行っちゃうんですよね、プレスルームに何もない、ましてスタッツや記録等が書いてあるゲームノートを作成してるチームは少ないですからね。行く必要もありません!

もう一つの理由は、スポーツ取材に馴れていないメディア関係者も多いと言ふことですかね。

ちなみにビーコルでは8ページほどの「GAME NOTE」をお渡しします。一応飲み物(お茶程度)とドロップ等のお菓子もチョコっとおいてあり、ハーフタイム等でゆっくり出来るようにしてるつもりです。

それに引き替え、アメリカには立派なプレスルームが有ります、お菓子どころか食事も出るんですよ!!

NBAでは食事をするところとワ―キング・ルームが別になってます。、記者会見場は当然ながら別の部屋です。

NBAメディアディナー#1

 

その美人に私がビーコルの広報担当と言いうと「BSフジの者です。」と言はれたので、やっぱりフジか(笑)

説明して登録リストに名前を書いて貰いました。中山明日実って書いてあったけど(実の字が少し見辛かった)

どっかで聞いたような名前だなー、とは思ってました(笑)

 

ゲーム後のコーチ記者会見では、コーチ・ゲーリーに「ゾーンからマンツーに変えた理由は?」って的を得た質問してます。フジのアナウンサーにしては上出来の質問だと思って、帰り際に「あの質問は良かったよ!」て褒めてあげたら喜んでました(笑) いや、今思えば冷や汗ものだよね。

日曜日のゲームで、LAPUTAさんから「昨日 記者席に中山明日実ちゃんが来てましたね!」って言はれました。

「ムムッ、来てた???」

中山 明日実ちゃんは、福岡の中村学園からアメリカの大学へバスケット留学して大活躍した選手です。

ウィンターカップで優勝した時にインタビューしていたから知ってます。

ただその時の印象は「可愛いくて、小さくて、ちょっとポッチャリ」だったんです。

だけど土曜日の明日実ちゃんは身長は普通で(笑)化粧が一寸濃い目で派手目な子で、痩せ気味で、フジのアナウンサーに居そうな感じの子でした。

だから気が付かなかったんです、私のミスですね。

LAPUTAさん達に言われて納得しましたが、ハイヒールを履けばそこそこの身長になるし、年ごろになれば痩せて来るし、、、

こんど来たら謝らなくちゃ!

<訂正>

明日美と書いてましたがそれは間違いだったので「明日実」に訂正しました。

 

読んだついでに下のバナーをポチとして行きませんか(笑)

ディポール大(デポール大? DePaul University)と言っても知らないでしょうね。

70年代だったか、強かったんです。

マーク・アグアイア(マーベリックス→ピストンズ198㎝PF)やテリー・カミングス(バックス→スパーズ206㎝F)と言ったスター選手を輩出してます。

アグアイアはセルフィッシュな小型パワーフォワードで、ローポストでゴリゴリ1on1をやるのが得意で、シュートは良く決めてきます。

カミングスはアンセルフィッシュでスマートなフォワードと言ふイメージです。

 

但しこのイメージは大学時代、アグアイアが4年でカミングスが1年生だったからかもしれません。

アグアイアは威張った感じ、当時は大学界のスーパースターでしたから。そこに能力の高い新入生が来ても、なかなか思うようなプレーをさせて貰えなかった(ボールが廻ってこなかった)ですからね。

ゲームでもロッカールームでもそんな感じだったので、私はアグアイアが好きじゃなかったです(笑)

でもNBAで13シーズンもやっているのでそれなりに実力が有った選手です。

マジッやとアイゼイア・トーマスと仲が良かったことでも知られます。

ディポール大フロアロゴ

これはそのディポール大ホライズン体育館のフロアに描かれていたマスコットです。

アメリカのスポーツチームはニックネームとマスコットを持っていて、体育館の床やフットボールのフィールドにペイントするのは得意ですよね。こんな悪魔だったら可愛いね(笑)

体育館はシカゴの郊外で空港方面にあって、この時はタクシーで行ったのかな?

外観はピラミッドのような三角錐だった記憶が有ります。

この時の写真はあまりなくて、何故だかこの写真だけが残っていた。

 

そう言へばディポウルはBigEastと言ふカンフェレンスに加盟してて、今も強かったですね。

ただマスコットと言ふかロゴは今風にかっこ良くなってました。

 

ディポール大と言ふと横浜ビー・コルセアーズのブースターさんは直ぐに「#2 ドゥレイロン・バーンズ」を思い浮かべると思います。

彼はディポール大の3Pの記録、1ゲームで8/8と言ふ記録を持ってます。

この時は、撃てば入る、と言ふ感じだったと言ってました。

2012-10-21 12.15.22

そう彼に↑このキーホルダーを見せたら喜んでました。現在私の自転車の鍵のキーホルダーとなってます。

何故だかずーっと持ってた。コレクションですけどね。

 

Blue Damons 悪魔ですよね。Devilも同じ悪魔です。

Blue Devilsはデューク大ですね。

 

またランキングをやってます、ついでにポチっとクリックして行って下さい。

正式名The Naismith Memorial Basketball Hall of Fameと言ふバスケットボールの殿堂&記念館がマサチューセッツ州スプリングフィールドに有り、毎年世界のバスケットボールに貢献した人を「殿堂入り」させています。

選ばれた人たちは「Hall of Famer」と呼ばれ、日本のプロ野球同様、大変名誉なことなのです。

 

今年は12人選ばれましたが、今回はミラーについて書きます。他の人は次回に、、、

 

今回レジ―・ミラー(Reggie Miller)とシェリル・ミラー(Cheryl Miller)の二人が同時に選ばれました。二人は姉弟で、兄弟が同時に選ばれたのは初めてだとか。

レジーミラー#2

レジ―のことは皆さん良く知っていると思いますが、姉のシェリル(187㎝)はレジ―よりもっと凄い選手だったって知ってましたか???!

 

彼女の輝かしい戦績を書き出しましょう。

それは高校時代から始まります。

リーバーサイド・ポリテクニック高校の4年間でAvg.32.8点15.0リバウンドを取り2年連続有力専門誌「Street & Smith」の高校最優秀選手に選ばれ、4年生の時は1ゲーム105得点しました、チェンバレンを越してます(笑)

大学はUSC(University of Southern California)へ進み、4年連続オール・アメリカン選手(優秀選手ベスト5)に選ばれ、3度最優秀選に選ばれ、NCAA(全米大学選手権)とトーナメントMVPを2回取って、、、、、多すぎて描ききれない(汗)

84年LAオリンピックで金メダル獲得

StatsではAvg.で23.6得点、12.0リバウンド、総計462スティール、414アシストの記録を持ってます。

 

卒業後は男子のプロチームからもオファーが有ったりしましたが膝の故障が元で1991年に現役を引退し、その美貌と明るさからスポーツ・キャスターに転身しました。WNBAフィニックス・マーキュリーズのコーチもGMもやってました。

現在もTNTやNBA TVのコートサイドリポーターとして活躍してるので、BSを見ると時々ゲーム後のインタビュアーとして出てきてます。太い声で太目のオバさんです(笑)

4,5年前にステープルズ・センターで有ったことが有りますが、現役時代よりかなり太ってました(笑)

 

さて高校までシェリルに1on1で勝ったことが無かった弟のレジ―ですが、姉とはクロスタウンライバルのUCLA(University of California  Los Angels)へ。

UCLAは男子の超名門校ですが、低迷期で大した成績は収めてません。と言ふのも3Pルールが導入されたのは彼の最後の学年だったからです。

ちなみにこのシーズン247FG中、3Pは69本だったそうです。

 

まあ彼は大学よりもNBAへ入ってから、と言ふよりインディアナ・ペーサーズに入ってからの活躍が良く知られてますよね。

3Pを活かしての活躍です。

良く言はれる「記録に残る選手」じゃなく「記憶に残る選手」ですよね。(いや、3Pの記録も持ってました。)

皆さんなりの「レジ―これが一番シーン」を持っているでしょうが、世間では95年のニックスとのカンフェレンス・セミファイナルでの「8.9秒間で8得点」でしょうね。

残り18.7秒 99-105ビハインドの場面、スローインして直ぐに左ウィングから3Pを決め、ニックスのメイソンが慌ててスローインをパスミスし、それをスティールするや否や、3Pラインまで戻って3Pを決め、更にニックス・ユーイングのシュートミスをリバウンドしたミラーにミッチェルがファール。そのFTを2本とも決め107-105で逃げ切ったシーンです。

 

ただ私は、それよりも98年、ブルズとのカンフェレンス・ファイナルス、ゲーム4、残り2.9秒93-94ビハインドで、同じくスローインの場面で、ジョーダンを突き飛ばしてボールをレシーブして3Pを撃ち、96-94で逆転勝ちしたシーンの方が記憶に鮮明に残ってますね。

あのジョーダンを突き飛ばすなんて、コイツ凄い奴だって思ってました。

*注釈 Avg.=1ゲーム平均

NY時間28日に行はれたNBAドラフト会議、1位指名権を持つニューオーリンズ・ホーネッツは予想通り、優勝したケンタッキー大(UK)1年生のパワーフォワードのアンソニー・デービスを指名しました。208㎝ 19歳。シュートが上手く、リバウンドも強い。腕の長さを活かしたブロック・ショットが得意。と言って「俺が俺が」のタイプでは無く、チームプレーが出来るタイプ。

大学のスタッツ(全て1ゲーム平均) 14.2得点 10.4リバウンド 1.3アシスト 4.7ブロック FG62.4%

ホーネッツにとってはどのポジションでも良かったので、最高の選択と言はれてます。

 

2位指名権を持つシャーロット・ボブキャッツは予想が一寸外れ、ケンタッキー大スモールフォワードのマイケル・キッド・ギルクライストを指名しました。身体能力が高くゴール下も強く、爆発力もあり、勝負強さも持っているが、ジャンプシュートに安定感を欠くのが残念。

200㎝ 19歳。

大学のスタッツ 11.9得点 7.4リバウンド 1.9アシスト 1.0スティール FG49.1% 3P25.5%

ちなみに同じ大学から同時に1-2位指名を受けるのは初のケース、その上同学年と来てる。

 

3位指名 ワシントン・ウィザーズはフロリダ大ガードのブラッドリー・ディールを選びました。ATRが得意で、長いレンジのジャンパーも得意。パスも上手く身体もNBA向き。勝負強さも持っている。ただシューティングとしては190㎝では少し身長が足らない。今日が19歳の誕生日

話題としては古くなりますが、5月中旬に野球の松井秀喜がレイズとのマイナー契約を結び、3Aのダーラムでプレーしたことが話題になりましたが、私にとってはダーラムと聞いてビックリでした。

と言ふのもこのダーラムってバスケットに関係のある都市なんです。それはあの有名なデューク大学が有るからです。デュークと言へばコーチKことマイク・シャシェフスキーがコーチする大学で、NCAAトーナメント(全米大学選手権大会)で4回も優勝している名門です。

DUKE 椅子デューク大アリーナセンター

 

実は、私はダーラムを含め、ローリー、チャペルヒルの3市のことを勝手に[ゴールデン トライアングル]と名付けてました。

この3市はノースカロライナ州の中部に位置し、ローリー/ダーラム空港を中心にお互いに車で2~30分の位置にあるからです。ローリーにはノースカロライナ州立大、そしてチャペルヒルは有名なースカロライナ大キャンパスが有ります。

これで判った方はかなりなアメリカ通です。前出のNCAAトーナメントで複数回優勝している大学はたった14校しかありませんが、その中に上記の3校が入ってるからです。

それだけじゃ無いんです、1957年以来、実はこの3校で11回も優勝してるのです、凄いと思いませんか?

ノースカロライナ大5回、デューク大4回、ノースカロライナ州立大2回

ゴールデントライアングル

更にスパーズのティム・ダンカンを輩出したウェークフォリスト大(横浜ビー・コルセアーズの#1チェイス・マクファーランドも出身者)も昔はローリー/ダーラム空港の近くに有ったと言はれてます。

 

何故この一地方だけが強いの?

それは、昔ある大学がニューヨークからコーチを呼んできたところ、バスケットの盛んなNYから選手もつれてきて、そのお蔭で急に強くなりました。そのことから、他大学もNYから選手をリクルートして競い合って強くなったと云われています。

 

このダーラムですが、デューク大周辺しか見てなかった私にとって「森ばかりの小さな町」としか思ってませんでしたが、松井の件で、野球場もある大きな町だと初めて知った訳です(汗)

数日前、NBA関係の探し物をしていたら、こんなものが出てきました。

アメリカ、マサチューセッツ州スプリングフィールドにあるバスケットボールの殿堂(Naismith Memorial Basketball Hall of Fame)へ行った時のお土産です。

行ったのは建て替える前で、かなり昔です(笑)

現在はかなりバージョンアップされているようですが、当時はまだ寂しかったですね。

一番記憶にあるのが、地下室で映画を上映していたことです。

古いバスケットに関する記録映画的なものや、選手の紹介映画みたいなものだったと思います、内容に関しては記憶が定かではありません(汗)

 

運営資金調達のための記念品の売店が有りました。

名所へ行くとついついお土産を買ってしまうのは日本人なのでしょうか(笑)

色々と買って来てましたが、出てきたのはこの封筒です。

日付が1961年11月6日となってますので、これはこの記念会館開館の時のモノのようです。

良く見たら、切手もネイスミスに関するもので、どうやら生誕100年を記念した切手のようです。

HOF封筒

珍しいのはこれだけじゃない!

封筒にオートグラフ(サイン)が入っているけど、この人物です。

上の封筒はジョン・ウドゥン、下がボブ・クーズィーです。

ウドゥンはここでも何度か登場しているUCLAの名コーチです。5月29日に書いた コーチについて をお読み下さい。

クーズィーは私の好きなボストン・セルティックスのビル・ラッセルの先輩に当たる人で、ボール・マジシャンと呼ばれたボールハンドリングの上手い選手です。

ビハインドバック・ドリブルやビハインドバック・パス、いはゆるトリッキーなパスやドリブルをヘイチャラでこなしていた先駆者で,言はばJ-Willの大先輩みたいな人です。

ドリブルやプレーを見て稚拙と言はないで下さい。今から50年近く昔のことです。

バスケットボールと言ふ競技は毎年のように技術が進化しているので、半世紀たったら別競技みたいなものですからね。

 

いつの時代も、先人の技術を土台にしてそこに積み上げて行くわけですから。

マイケル・ジョーダンがDr.Jにあこがれ、そのジョーダンのプレーを見て育ち憧れたコービーやレブロンがジョーダンより上手くなるのは当然のことなんです。

 

この封筒はこれは絶対にお宝だよね。

大事にしまっておきます。

 

もう一つ、こんなものも出てきました。

HOFカンバッジ

先ほど横浜ビー・コルセアーズのコーチ・ゲーリーのインタビューのアテンド(付き添い)をしてきましたが、本当に良いことを言ふコーチです。

でもその内容をここで書くことは出来ません。

それはこのインタビューがバスケットボール専門サイトCAGER が行ったものだからです。

ゲーリーインタビュー5.29

コーチ・ゲーリーの話を聞いていて二人のアメリカの有名なコーチを思い出しました。

一人はUCLAを7連覇を含む10回の大学チャンピオンに輝いている名将ジョン・ウッドゥンです。

私はUCLAが優勝したところを73年(@セントルイス)と75年(@サンディエゴ)の2回見てます。

 

彼は著書の中で「コーチは教育者で無ければならないと言ってます。

単に技術だけを教えるのではなく、人間としての生き方、立ち振る舞いをも含めて指導しなくてはいけない、と言ふことです。

 

そしてもう一人、UNC(ノースカロライナ大)のディーン・スミス氏です。

彼とは直接インタビューしてます。

当初インタビュー時間は30分ほどと言はれていたのに、45分くらい話をしてくれました。

 

その中で印象深かった答えが何個か有りますが、、

「高校生をリクルート(選手勧誘)する時、一番大事なのことは何か?」

と言ふ質問に

卒業出来ること」と答えてくれました。

別にアーリーエントリーでNBAに取られることを嫌味に言ったわけじゃないですよ(笑)

バスケットだけじゃなく学問もシッカリとやれることが大事なんだ、と教えてくれたんです。

それに身体能力が高いだけや、バスケットだけ上手くても、強くなればフォーメイションの数を増えて来るので、頭が良くないと出来なくなりますからね。

 

更に「あなたの一番の自慢は?」と言ふ問いかけに

卒業すると大学院へ進む選手が多いこと」と答えました。

信じられないでしょ!

NBAへ一番多く選手を送り出したとか、あのマイケル・ジョーダンを教えたこと、なんて一言も出てきませんでした。

チーム関係者に聞くと、卒業後(または途中で)はNBAへ行かなければ大学院へ行くかどちらかだ、とも言ってました。

この言葉は関東の某大学関係者に聞かせてあげたいですね!!!

 

二人ともバスケットで天下を取ってますが、バスケットの技術を教えるだけじゃなく、勉強することや人間を磨くことも教えていたのですね。

 

日本のケイジャーも勉強しなくちゃダメだぞ!!

バッドボーイとしてNBAチャンピオンにも輝いたスーパーガードのアイザイア・トーマスは3シーズンの間コーチをしていたフロリダ・インターナショナル大(FIU)から解雇されました。

5年契約の3年目ですが、1年目7勝25敗、2年目11勝19敗、そして今シーズン8勝21敗の通算26勝65敗です。

これじゃアメリカじゃ解雇されるよね。

でもアイザイアに言わせると「来年(今年じゃなくて)のリクルートは全米トップ50高校選手のうちの4人が決まっている」そうです。

 

NCAAトーナメント・ファイナルはアメリカ時間月曜日に行はれケンタッキー大が67-59でカンザス大を下し8度目のチャンピオンに輝きました。

2年生のドロン・ランブが22得点の活躍。

動画はこちらで http://www.cbssports.com/video/player/play/collegebasketball/txSuzv7mW1Uzvl7mxC8WM4iR_YXwn_dI

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop