» WJBLのブログ記事

昨日 松本市総合体育館で行はれたWJBLファイナル ゲーム①は後半に強いディフェンスでひっくり返したJXが、最後は大神が外からジャンパーを決めて逃げ切りました。 詳細はここをクリック

インサイドの差が出たようです。諏訪が戻ってきたら、間宮も居るしJXが強いですね。

Boxscoreを見るとJXは2Pのアテンプト59に対しトヨタは48。3PはJX10に対しトヨタ21と攻撃の差がハッキリと出てます。

 

でもトヨタとすればアウトサイドの矢野、川原そして鈴木が頑張れば、と思うんだけど鈴木が昨日はたったの3得点じゃきついね。

川原は3P×6で25得点、矢野が18得点と取っているだけに惜しいねー。

その点JXは大神11、木林12、田中18、吉田8と万遍なく得点してます。

JXが勝っちゃうとそのまま行きそうな気配が濃厚です。

トヨタはディフェンスで頑張ってもらいましょう!

 

ゲーム②は3日お雛様の日に ぐんまアリーナ で13時から行はれます。

それ以降

ゲーム③ 4日(日)13時00分 船橋アリーナ

ゲーム④ 6日(火)19時00分 船橋アリーナ

ゲーム⑤ 8日(木)19時00分 船橋アリーナ

富士通が先勝してゲーム③までもつれたJXvs富士通のセミファイナルスは昨日秋田県立体育館で行はれましたが、84-67でJXが勝ち、2勝1敗としてファイナルス進出を決めました。

ゲーム②でそれほど差が付かなかったので富士通有利かと思いましたが、まだまだ精神面での強さではJXが格段に強く、第4Qで突き放しました。

富士通は名木23得点、三谷、中畑夫々11得点と頑張ったものの、ゲーム②で活躍した山本が0点に抑えられてしまった。

対してJXは要所要所で大神が得点し、インサイドでは間宮がゲームハイの27得点。

結局インサイドで点が取れない富士通と、インサイドもアウトサイドも得点出来るJXとの差だろう。

 

■WJBLファイナルス

JX(リーグ1位) vs トヨタ自動車〈リーグ2位)

3月1日(木) 19時00分 松本市総合体育館

3日(土) 13時00分 ぐんまアリーナ

4日(日) 13時00分 船橋アリーナ

*6日(火) 19時00分 船橋アリーナ

*8日(木) 19時00分 船橋アリーナ

3勝したチームが優勝

このカードのシーズン中の成績は2勝2敗のイーブン。

トヨタのディフェンス、特にインサイドへのディフェンスが機能すると勝つチャンスが大きくなり、JXはインサイドで得点できると、外の大神の得点も伸び勝つチャンスが大きくなると思います。

 

船橋アリーナって遠いんだよね、

先週末18日(土)19日(日)はWリーグ(女子日本リーグ)のセミファイナルが秋田県立体育館で行はれました。2勝したチームがファイナルスへ進みます。

組み合わせ

◆JX(リーグ1位)vs富士通(リーグ4位)

◆トヨタ自動車(リーグ2位)vsデンソー(リーグ3位)

◆JXvs富士通

JXは長身の渡嘉敷来夢(191cm)が手術のため欠場。主軸のセンター諏訪(183cm)も万全ではなく、インサイドが弱い状態だったため、外のシュートも入らず富士通が72-61でゲーム①を取った。

今までならゲーム②ではマックスの精神力で全エナジーを注ぎ込み、相手をボコボコにしてきたJXです。

しかしながら三谷と篠原の主力を計4点に抑えたものの63-57でやっと勝った状態。

明日21日にゲーム③が行はれるが、このままでは富士通がやや有利か?

 

◆トヨタ自動車vsデンソー

大事なゲームで活躍するのはベテランの持ち味、トヨタは矢野良子がゲームハイの22得点なのに対し、デンソーの主力・高田は12得点と振るわず52-47でゲーム①を取り、ゲーム②では矢野の17得点に加えガードの川原が19得点。対するデンソーは高田が17得点だったものの、小畑が0点に抑えられ59-49と完敗し、トヨタがファイナルス進出を決めた。

 

■さて男子のJBL、レガンバが面白いね。先週末は首位アイシンに70ー68、79-80と接戦ながら1勝1敗で、去年の12月以来多くのカードを1勝1敗で来てます。リーグトップのトヨタにも、7位の三菱電機にも、さすがに東芝には2勝してますけど(笑)

東芝もディフェンスが強く良くゲームをしてますが後半が弱いですね、精神的スタミナが無いのかな?

富士通VS.シャンソン(1月21日)

東芝vsパナソニック戦に引き続いてギーク・リポートです。

■富士通VS.シャンソン

1Q:22-22

2Q:15-9

3Q:20-15

4Q:17-17

計:74-63

◆スタメン:

富士通:#1三谷(レイ)、#7中畑(スカイ)、#12篠原(リー)、#15山本(ウィル)、#45名木(パル)

シャンソン:#2林、#7渡辺、#8藤吉、#20元山、#23池住

◆1Q:富士通ボールでスタート。ディフェンスは、両チームともにM2M。先制点は、シャンソン#23池住選手のジャンパー。一方、富士通は、#45パルのATB、続いて#1レイがワイドオープンからの3Pを決めます(5-2)。キャー!

#15ウィルの3本のFTの後、またレイがジャンパーを決めて10-4。しかし、シャンソン池住選手のATB+And1で10-9と詰められます。富士通は、#12リーにボールを集めて引き離そうとします。が、シャンソンも池住選手、#7渡辺選手達が決めてきて22-22の同点で第1Q終了。

◆2Q:シャンソン#8藤吉選手のジャンパーから(22-24)。また#1レイの3Pが決まり、スチールしてから2本のFTもきちんと決めて、27-24。キャーキャー!

富士通のディフェンスがしっかりして37-31としてハーフタイム。

◆後半:またまた#1レイが"FROM DOWNTOWN"を決めます(40-31)。キャーキャーキャー!

シャンソンは、#2藤吉選手のFTの後、自身でさらに3Pを決め40-35と迫ります。ここで、#45パルが、連続3Pを決めて46-35。ダァーッ!

◆第4Qに入っても、#12リーのインサイドプレイ、#45パルのジャンパー、ATBが冴え、得点差をキープして勝利しました。

MVPは、後半大活躍の#45パルこと名木洋子さん。彼女は、決めてほしい時に確実に決めてくれました。「明日(日曜日)もアグレッシブに頑張りたい。」とのコメント。

※日曜日にも富士通はシャンソンに勝利しましたので、プレイオフ進出ですね。わーい!

以上 ギーク

 

■日曜日の結果 富士通59-58シャンソン化粧品

前日のデンソーに引き続いて、富士通のプレーオフ進出決定

プレーオフの組み合わせは

1位 vs 4位

2位 vs 3位

となりますが、JXとトヨタの2位以内とデンソー、富士通の3位以下は決定してます。

レギュラーシーズンは来週で終わり、2月18日(土)からプレーオフが始まります。

第78回皇后杯全日本総合選手権大会 女子決勝

JXサンフラワーズ vs デンソー・アイリス

◆スターティングラインナップ

JX:#1大神、#2大林、#11本田、#13吉田、#15諏訪

デンソー:#8高田、#9牛田、#10藤原、#14大庭、#35小畑

第1Q 怪我で復帰したばかりの#1大神がいきなりフルスロットル。さすが大舞台に慣れている。出足はJXも若い選手が多く、相手のデンソーは初のファイナルで緊張してるのがわかったので自分が行かなければならない、と考えてスパートしたようだ。

最初のシュートこそ24秒ギリギリの右コーナーからのシュートだったものの、次はトップから、そしてストップ・ジャンパーで6-0として、諏訪がインサイドでシュートを決め8-0とした7分18秒デンソーがCTO。

しかしJXの強いプレッシャー・ディフェンスにデンソーはリズムをつめなず、ディフェンス・リバウンドを取れない。

5分JXはラムちゃん投入、いきなりプットバックを決める。

その後もJXは内海コーチのゲームプラン通り、デンソーの得点源・高田がボールを持つとWチームへ行く、など激しくマーク、

1分49秒 リバウンドからの速攻を吉田が決め23-7となると、デンソー小島コーチがたまらず2回目のCTOを請求し、ディフェンスをZone に替える。

しかし大神にブザービーターをきめられ27-12 JXリードで第1Q 。

大神14得点

JXvsデンソー1

第2Q JXは第1Q半ばからラムちゃん(191cm)と間宮(183cm)を同時に起用、ラムちゃんが外に出てデンソーの長身・高田を外に引っ張り出しインサイドの間宮へボールを集める。

そうしてディフェンスを小さくして外から#8田中がシュートして差を広げる。

対するデンソーは高田や外のシュートが散発的に決まるだけ。

44-22で前半終了。

◆後半

相変わらず攻撃できないデンソー、プレッシャーが強く外のシュート頼み。その上ディフェンスもプレッシャーが掛かってなく、スティールやリバウンドからの速攻も出せない。6分53-24.

JXは大量リードに気が緩んだのかシュートが雑になる。

一方デンソーもJXのディフェンスに押され気味のためかシュートセレクションが悪く、入らない。それでも時々良いオフェンスをするもののシュートがリングに嫌われ、このQたったの6得点。「ひどいねー」と言ったら隣の渡辺君が「日立は3点です!」(笑)

59-28で最終Qへ

 

残りはあと10分。デンソーは吹っ切れたのか外からも積極的にシュート。高田、小畑も決めだし7分61-35と差をつめる。

5分48秒 67-41でJXのCTO。

ATOはJXのフルコートプレス。これでデンソーの得点も止まってしまい、あとは両チームともにベンチメンバ-を出して78-52でJXが勝ち、JX4年連続優勝を達成した。

 

ベスト・ファイブ(優秀選手)

・矢野 良子(トヨタ、3年ぶり5回目の受賞)

・高田 真希(デンソー、初受賞)

・吉田 亜沙美(JX、3年連続3回目の受賞)

・渡嘉敷 来夢(JX、2年連続2回目の」受賞)

・大神 雄子(JX、8年連続8回目の受賞)

 

募金

ハーフタイムにオリンピック出場選手による募金活動が行はれていました。右の二人は懐かしいねー。

左から二人目旧姓・楠田、一人飛んで萩原、橋本、コテツ(名前が出てこない(汗))

NHK-e(教育テレビ)で生中継します。地方の方はTVで首都圏の方は代々木第1体育館へ見に行きましょう。

 

JX vs デンソーで14時からです。

見所はセンター同士、デンソー高田とJX渡嘉敷 来夢の対戦でしょう。

外のシュートを持って居る高田に引っ張り出されるのか、Zoneを敷くのか?

ガードもJX大神+吉田のコンビにデンソー小畑が対抗できるのか?

ベンチの厚さはJXがありますね。

これから行ってきます。

 

◆ビーコルがやっと連勝しました。ホームでの連勝と同一カードでの連勝は初です。

年末の自信無さげなプレーからやっと開放された感じです。

最後まで切れなかったし、リードされても諦めずに追い上げたのは良かったです。

広報の仕事が忙しくて、写真も撮ってません(汗)

昨日の神奈川新聞の朝刊に写真入で大きく取り上げられました。

嬉しいーーー!!

あんたかブログ及び hoopdream.jp のサイトを楽しみにされていた方々へ。

お正月早々、このサイトが停止していてご心配をおかけしました。
サーバーがダウンし復旧に多くの時間が掛かってしまいました。
今後、ダウンしないように注意すると共に、万が一ダウンした場合でも直ぐに
復旧できる体制を整えるますので、今後もこの不甲斐ないサイトを
ご愛読くださいm(__)m

 

ダウンしている間、オールジャパン( 東日本大震災」被災地復興支援 第87回天皇杯・第78回皇后杯 全日本総合バスケットボール選手権大会)が始まっていて、男子では学生の青山学院大がJBL2位のアイシンに大健闘したかと思へば、女子では同じく大阪人間科学大がWJBL7位の新潟アルビレックスBBを破ったり、高校の神奈川県立金沢総合高が秋田銀行を破り、49年ぶりに高校生がベスト8入りし、今日はWJBL3位のデンソー・アイリスに大健闘して、星澤先生の引退を飾る最高のゲームを展開しました。

書きたいことは沢山あるんだけど、、、

くん付けしたらバチが当たるかな?

日大のマネージャーをやっていた時から知っているので、ついつい雅弘君なんて偉そうに書いたけど。

 

高橋 雅弘氏は日大からバスケットボール部のマネージャーとして日本鉱業へ入社した当時は男子部がありました。

その後合併だか吸収だかで男子チームが休部となり、女子の共同石油日鉱共石となってから女子部の総括になったのかな?

その後は女子一筋で、ジャパン・エナジー(現JX)チームの総括を勤めながら、ナショナルチームの総括もやっていたんだよね。

でしょ!Bond_007さん!

面倒見の良い人で、Bond_007さんもかなりお世話になっって居るはずですよ。

 

前任者が「荒 順一」なんだけど、彼も日大だね。ナンか日大と縁でもあるのかな(笑)

日大と言へば学生時代は故細島さんがサカイの社員だった関係で、よくサカイへ来てました、可愛い顔して。

愛嬌があって憎めないんだよね。

それが女子強化部長だって、、、、

頑張って日本を立て直して、来年のオリンピック世界予選で勝ってもらおう!!!!

 

毎日jpより バスケ協会:女子強化部長に高橋雅弘氏

週末に行はれた各種大会の結果です

東芝が初勝利を挙げました、北君良かったね、ギークおめでとう。ギーク・リポートはあとで来るはずです。

■JBL

11月11日 東 芝 67-65 レバンガ
       12日 東 芝 72-62 レバンガ
       11日 リンク栃木 85-76 パナソニック
       12日 パナソニック 86-74 リンク栃木
       12日 日 立 65-52 トヨタ
       13日 トヨタ 87-51 日 立
12日 アイシン 72-66 三菱電機
13日 アイシン 77-62 三菱電機

パナソニックは怪我人だらけ、木下、永山、青野が欠場してます。カスタスが復帰したのは良かった。

リンク栃木は川村が復帰したものの、周りと歯車が合わないようで。田臥はプレータイムが制限されているようで、ココも上手く行きませんね。

■WJBL

11月12日 シャンソン 68-58 アイシンAW
13日 シャンソン 66-47 アイシンAW
12日 トヨタ 76-75 富士通
13日 トヨタ 71-57 富士通
12日 デンソー 76-71 三菱電機
13日 三菱電機 66-62 デンソー 
12日 J X 86-39 新潟
13日 J X 75-58 新潟

富士通が2連敗です、やばいですよ。

■bj スタンディング

イースタン・カンファレンス

順位 チーム名 勝率
1位  秋 田 8 2 .800
2位 仙 台 7 3 .700 1.0
3位 長 野 6 4 .600 1.0
4位 千 葉 6 4 .600 0.0
5位 浜 松 5 5 .500 1.0
6位 新 潟 4 4 .500 0.0
7位 埼 玉 4 6 .400 1.0
8位 横 浜 4 6 .400 0.0
9位 富 山 4 6 .400 0.0
10位 岩 手 1 9 .100 3.0

ウエスタン・カンファレンス

1位 大 阪 9 1 .900
2位 沖 縄 8 2 .800 1.0
3位 滋 賀 6 4 .600 2.0
4位 島 根 6 4 .600 0.0
5位 福 岡 6 4 .600 0.0
6位 京 都 5 5 .500 1.0
7位 大 分 3 7 .300 2.0
8位 宮 崎 2 8 .200 1.0
9位 高 松 0 10 .000 2.0
           
           

土曜日に引き続きJX vs 富士通、2連戦の2戦目です。

2連敗、それも数点差となると悔しさも倍増ですね! ギークの悔しがる顔が目に浮かびます。

**************

あんどうさん、

日曜日は、とどろきアリーナに富士通の応援に行ってきました。相手は、土曜日と同じJXです。1日目はアウェイで、2日目はホームゲームなんですね。

ミニバスの前座試合がまたありました。あら、父兄席に田中輝明さん(元東芝ブレイブサンダース・ヘッドコーチ)夫妻がいるではありませんか!「どうもー」とご挨拶(今回は、東芝バスケ部の話はしませんでした)。田中さんのお嬢ちゃんが、3ゴール決めて、盛り上がりましたよー!試合も、44-32でお嬢ちゃんが所属する北部選抜の勝ち。パチパチパチ。

◆さて、富士通対JXの試合です。

第1Qは互角の戦い。ルイこと新人の#10町田瑠唯選手が攻守ともに大活躍。大神選手とのマッチアップもグッディでした。そうですね、富士通は、ディフェンスが良かったです。第2,3Q中盤にかけてJXに点差をどんどん離されますが、第3Q終盤から盛り返し、このディフェンスで第4Qで1ゴール差まで迫りました。あと一息だったのにぃ!

■富士通VS.JX

1Q:19-17

2Q: 9-19

3Q:28-36

4Q:15-10

計:56-59

 

◆スタメン:土曜日と変わらず。

富士通:#1三谷(レイ:181cm)、#10町田(ルイ:161cm)、#12篠原(リー:184cm)、#15山本(ウィル:175cm)、#45名木(パル:175cm)

JX:#1大神(170cm)、#2木林(184cm)、#8田中(173cm)、#12吉田(165cm)、#15諏訪(183cm)

(JX#6内海選手、#10渡嘉敷選手は、DNP)。

 

◆1Q:富士通ボールでスタートし、#15ウィルのジャンパーで先制。JXは、#15諏訪選手の得点。両チームともにディフェンスは、M2M。

今度は、#10ルイが3Pを決めます。わーい!

JX#2木林選手が1on1を決めた後、#12リーがジャンパーを決めて7-4。続けて、#10ルイが#12リーへ好アシスト(9-4)。ルイは、マッチアップしているJX#1大神選手にグッディを魅せてくれます。TOを誘いました。わー、わー!

ルイが、ウィルや第1Q最後も#1レイにアシスト決めて19-17。

 

◆2Q:JX#2木林選手のジャンパーから(19-19)。その後、#1レイのスチールからの速攻で#45パルが決め、さらにジャンパーを決めて27-27の同点とします。ところが、JX#15諏訪選手にゴール下バスカンを決められて27-29となってから、JXに1-9ランを許してしまいました(28-36)。パルのおっとっとシュートまででました。どーん!

 

◆3Q:今度は、#1レイが、いきなりおっとっとシュート。あれーっ!

JX#2木林選手、#15諏訪選手の(リバース)レイアップで28-40。さらに、残り時間6分を切ってJX#12吉田選手にジャンパーを決められ、点差を15点まで広げられてしまいます(32-47)。

しかし、#5木村さん(ニナ:181cm)の3Pをきっかけに、9-2ランで返して41-49として差を一桁として第3Q終了。

 

◆4Q:#12リーのプットバックで43-49。JX#2木林選手がFTを1本決めた後、#15ウィルがFTを2本とも決めて45-50。

#5ニナのジャンパーで47-50。富士通ディフェンスがいいです。#1大神選手にジャンパーを決められますが、ニナの3Pでついに1ゴール差の50-52。しかし、この2点が縮まりません。

JX#12吉田選手がFTとドライブインで連続得点で50-56されますが、#8鈴木さん(ダイ:179cm)がタフショットを決めます(52-56)。その後、

JX#1大神選手がジャンパーを外した。

富士通#12リーがFTを2本とも決めて54-56。

JX#12吉田選手が、レイアップを外しました。

残り時間1分01秒のATOで、富士通の攻撃時に痛恨のターンノーバ。あれーっ!

26.4秒で、#12リーが、JX#15諏訪選手にシュートファール。諏訪選手にFTを2本とも決められました(54-58)。

富士通ATOで、#12リーがゴール下を決め(←#10ルイ)、56-58。JXのCTO(18.9秒)。

ATOで富士通ファールゲーム。17.7秒で#5ニナが#1大神選手にPF。富士通チームファール4個目。

16.9秒でもう1回同じファール。

JX#1大神選手のFT。

1本目…入った。

2本目…外した。

富士通ボールで、セットオフェンス。#5ニナが、なんとペリメーターからジャンパーを打った。

あれーっ、、、

しかも入らなかった、、、

試合終了。

以上 ギーク

カレンダー

2020年4月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop