» JBAのブログ記事

バスケットで日本を元気に!

と題された Tryout Japan 2011 Road to NBAが今週末大阪で開催されます。

これは私の友人であり、日本バスケットを世界基準にすることを目標にする西田さんとJBAそして私が主宰するNPO法人リーチ・ユア・ドリーム・オブ・フープが手を組んで行うトライアウトです。

これにはベイアリア・マネジメント・グループのジョンフィリップ氏が関係してきます。

フィリップ氏はプーマ、ナイキ、アディダス等のメジャーシューズ・ブランドの仕事やNBAのプロモーションを担当、また地元テレビ、ラジオのコメンテーターを務めてきた人物で、現シャーロット・ボブキャッツのポール・サイラス・コーチと従弟関係に当たります。

フィリップス氏は09年にadidasのU-17チームを率いて来日し、そこで日本人の勤勉さを知り、高い評価をしています。

「日本人をNBAへ」と言ふ共通の考えを持つフィリップス氏、アキヤマ氏と西田氏が話し合い、サイラス氏を通じてボブキャッツへの入団への道を開くことになりました。

そして従弟のサイラス氏がコーチするボブキャッツは勿論、アトランタ・ホークスミルウォーキー・バックス等もルーキー・キャンプへ招待(合格者のみ)する意思を示してきました。

そのトライアウトを行うことがやっと決まりました。

4月30日、5月1日(日) @大阪商業大

 

 

4月30日13:00~19:00(12:00会場 12:30受付) / 5月1日9:30~12:00終了

場所:大阪商業大学 総合体育館

申し込み方法 :規定の申し込み用紙に、英字で必要事項を記入の上、メールにて送っていただきます。

参加費 : 5,000円

参加条件

@22歳以上(現役の学生は除きます)

@選ばれたらルーキーキャンプに参加できる事(自費参加)

@エージェントをアキヤマ氏に委ねられる事

(現在エージェントが既にいらっしゃる方でも条件面の調整次第では参加可能です)

@Emerald City Basketball Academy(シアトル)でのトレーニングに参加できる事

(NBAルーキーキャンプ参加決定後、必要なスキルを学びます6月開催予定 トレーニング費無料)

選定基準

ハードワーカーでハートの強い日本人である事を条件に、スカウト担当のジョンフィリップス氏が選定します。

詳細はJBAホームページで、ココをクリックして下さい。

 

お申し込み・問い合わせ先(管理担当 有限会社広瀬)

〒799-2652 愛媛県松山市福角町348-40 TEL&FAX089-978-3674 携帯番号080-4034-8532(広瀬幹)

(有)広瀬 担当 広瀬幹 tryout2011@jbadreams.com (お問い合わせはすべてメールにてお願いします)

JBL日立vs三菱電機戦がこれから始まります。

☆日立の人気者サンディーくんとレフの北沢

三菱は良いシュートを撃つが入らない。その後持ちすぎでボールが回らなくなりオフェンス・リズムがなくなり、4分に18-7と日立リードのときに三菱早くもCTO。

その後は鵜沢と替わった松島のゴール下が連続で決まり26-19日立リードで第1Q終了。

9分26-23日立リードでCTO後三菱は1-3-1ZONE、これがまんまと嵌って29-28と追い上げる。

しかしその後M2Mに戻してしまった、WHY??

三菱は再びオフェンス・リズムを無くし、ディフェンスでも精彩を欠き43-34で前半終了。

日立は竹内15得点。

三菱は松島12得点

第3Q68-53日立リード。

三菱追い上げ、あわや逆転か、と思ったけど、最後は残り17秒に竹内が3Pを決め80-79で日立が今年に入って3連勝!!

詳細は後ほど

アイシンvsパナソニック戦が始まる。

両チームの応援団もヒートアップしてきた。

スタメン

アイシン:#1ハンケリー、#3柏木、#6朝山、#10竹内公輔、#32桜木

パナ:#1木下、#6永山、#20カスタス、#24広瀬、#31青野

◇両チームともにM2Mでスタート。

パナソニックはセンター#31青野文彦にボールを集めるが、アイシンは計算済でしっかりと守る。その後はインサイド・アウトしたり、ドライブ&キックアウトで攻め方としては悪くは無いが、シュートセレクションがいま一つ違うようでが入らない。

アイシンは#10竹内公輔がプットバックとポストで決め21-11とリードして第1Qを終わる。

第2Qに入りパナソニックはZONEを敷き効果があるものの、それからの攻めがまずい。

最後に#1木下博之の3Pでどうにか点差を一桁に戻して前半を終えた。

・アイシン38-29パナソニック

アイシン 竹内、桜木各10得点 桜木6Reb 

パナ 木下7得点 青野5Reb

第3Q 56-50 アイシンリード

徐々に追い上げるパナソニック、アイシンのリズム悪い。

永山がバンクショットを、青野がFTを、そして木下が3pを決め、2分に67-66とパナソニックが逆転する。

しかしアイシンもフォーハンケリーはFTを1本決め70-70とする。

パナソニックは広瀬が残り10秒で左コーナーから3Pを撃つが外れる、それを青野がリバウンドしてシュートするがアイシンに阻まれる。こちらからはファールに見えたが、遠いので確信持てない。

70-70そのままでオーバータイムに突入!

延長ではパナソニックはM2M。良いディフェンスをして一歩リードするがシュートが簡単すぎる。

アイシンは堅実にインサイドで桜木が得点して1分14秒76-74と逆転。

その後はFTを6本貰い5本決め逃げ切った。

4年連続8回目の優勝!!

?ゲームインタビュー

◇アイシン鈴木コーチ

非常にきついゲームだった。ここが大事と言ふ時にやってくれた。

パナソニックは3Pが得意なチームなので、それを抑えるディフェンスをした(まだリーグが続いているので内容は話せない)。たぶん今日はこの大会で一番3Pの確率が低いと思う。

またギャンブル的ディフェンスからの速攻が得意なチームで、後半やられてしまった。

3Q,ZONEで追い上げられたときはお互いが離れすぎてロングパスを狙われたので、CTOで注意した。

◇桜木選手

(OTで7得点+4オフェンス・リバウンドと活躍)OTでは気持ちを切り替えた、最初のOTで決めたかったから、自分のエネルギー全部を使おうと思ったくらいだった。オフェンス・リバウンドとスクリーンでチームに貢献しようと思った。ターンオーバーは絶対に避けようと思った。

◇竹内公輔選手

見えないプレッシャーが有った。それで勝てたのだから力があったのだと思う。自分たちのバスケットが出来た、個人的には後半上手く出来なくて迷惑かけた。全日本とリーグ戦では戦い方が違う。JRが当たっていたので彼にスクリーンを掛けに行こうと思った。

◇柏木選手

チャンピオンになれて嬉しいが大変だった。チームとして成長した、タフなゲームに勝って非常に嬉しい。

(レギュレーション同点で残り7秒でのFT2本とも落としたとき)撃つ前は普通だった。これで負けたらヤバイとおもったけど、ベンチに戻ってきたらチームメイトが「大丈夫!大丈夫!」と言ってくれた。

◇パナソニック清水コーチ

今日は良い所まで行ったと思う。ただ立ち上がり浮き足立ったのが響いた。

控え選手を一度下げたあと、再度出すことが出来ず、主力選手に疲れが出た。(反省を含めた言い方だった)

前半消極的だったから、シュートでも何でも思い切ってゆこうと指示してから良くなった。

アイシン戦は永山(184cm)のところに朝山(192cm)がマッチアップなので、シュートが打てない。アイシンに勝てないのはこのため。←最後のコメントは私だけに教えてくれたものです。

☆パナソニック記者会見

◇木下選手

立ち上がりは凄く緊張した。シュートタッチも悪くパスも良くなかったが、後半からウチらしくなった。最後の青野のところ(木下の3Pミスを青野がリバウンドしてシュートの時)はファールだと思った。

OTに入って疲れも出た感じだった。

今までに無い悔しさだ、リーグでは是非優勝したい。

◇広瀬選手

初の決勝進出で呑まれていた。個人的には全体的に力不足を感じた。最後のライアン選手との1on1では脚に来ていた。

◇永山選手

決勝で王者アイシンを苦しめたことは自信になる。勝てなかったことは、何か足らなかったのだろう。

◆優秀選手賞

・タイラー・スミス(日立)初受賞

・永山 誠 (パナソニック)2年連続2度目

・木下博之(パナソニック)

・ 桜木ジェイアール(アイシン)2年ぶり3回目

・ 竹内公輔 (アイシン)3年連続4回目

☆関学vs日大TipOff

◆男子 日本大vs関東学院大

昨年12月のインカレでは準々決勝で当たり83-71で関東学院が勝っている。

関学はシューター原田が怪我で欠場、それが響いて外からの攻撃は弱く、インサイドは日大・坂田が良く押さえロースコアの展開で日大16-13関学で第1Q終了。

第2Q日大はATBせず外からのシュートに頼り、その結果シュートが入らず得点できない、逆に関学は外のシュートが入りだし逆転して38-33で前半終了。

後半漢学は前田ら外からのシュートが良く残り6分に葉49-39と10点差をつける。

しかしその後日大はディフェンスを強くして速攻等で逆転し日大54-52関学で第3Q終了。

ラストQ日大の攻撃は外ばかり、確かにキックアウトしてのシュートではあるけどATBしてない。関学はインサイドを膝、肩、肘を怪我してるパプムール・ファイが捩じ込み3分には67-65と逆転なおもファイがゴール下を決め69-65と差を広げる。

追い上げる日大は篠山が個人技の3Pを決め残り29秒で69-68と1点差に追い上げるが、残り3秒ローポストに入ってきた熊澤への篠山のパスが反れて万事休す。

関東学院70-68日本大

関学インカレに続いて日大を撃破!

*日大の熊澤はJBL-2のアイシンAWへの入団が決まっているが、日大の登録を抹消してアイシンAWへアーリーエントリーとして来週からのプレーが決まっているらしい。

◇女子 山の手高勝った!

高校3冠王札幌山の手がインカレ準優勝の愛知学泉大に69-68と逆転勝ちしまた。

◆明治大vs中央大

76-62で明治大の勝ち。

明治vs中大

◆男子

青山学院大学102 -58豊田合成スコーピオンズ

明治大学76 -62中央大学

豊田通商ファイティングイーグルス109-65日本無線

アイシン・エィ・ダブリュアレイオンズ安城67-Beans? 18? 15? 11? 13? 57??

東海大 92-40千葉エクスドリームス

?TGI・Dライズ96? -70京都産業大学

慶應義塾大学103- 71JR東日本秋田

◆女 子

山形銀行82 - 67 松蔭大学

筑波大学73-49順天堂大学

三菱電機79? - 67環太平洋大学

トヨタ紡織 サンシャインラビッツ66-46秋田銀行

拓殖大学 58-48 大阪人間科学大学

白鴎大学78 -68ビッグブルー東京

?エバラヴィッキーズ82 -55武庫川女子大学

?

一昨日第2回トルネードJr.研修ツアーについて書きましたが、今回は保護者も一緒に行けるようです。

バスケット好きのお父さんお母さん、これは行かなくちゃ(笑)

子供より興奮して帰ってくるのじゃないですか(爆笑)

前回、第1回トルネードJr.に参加した、2名の選手へのインタビューがあります。長野日名子ちゃんと米村優太くんです。<インタビュアーはJBA 東さん>

本当は出発前のインタビューがあるので、それと対比して掲載するとこのツアーの本当の良さが見えてくるのですが、かなりエナジーを使うので今回はパスしました(汗)

それでは帰国後のインタビューをお読みください。

Q―アメリカの食事はどうでしたか?
 <日名子> 美味しかったです!!

Q―何が美味しかったですか?
<日名子> ワッフルなどのパンが美味しかったです。

<優太>ほとんど野菜とかが無くて、肉とかばかりでした。

Q―どんなものを食べましたか?
   <優太>マック。。。(笑)

Q―浩さんの家でのホームステイはどうでしたか?
<日名子> アメリカの家はとても大きくて、楽しかったです。

<優太>タイキやレイナ(ヒロシさんの子供)達、子供みんなでUNOとかしたのが楽しかった。

Q―スミスさんの家でのホームステーはどうだった?
<優太>Wiiやバスケットボールで1対1をして遊んだりしたのが楽しかった。

Q―ヤマネさんの家でのホームステイはどうでしたか?
<日名子> 家は大きくて、大きなテレビがあって、パソコンが大きいのが3台に小さいのが1台あってびっくりしました。

Q―アメリカ人の選手と試合をしてみて感じたことを教えてください。
<日名子> もっと英語を勉強していたら、もっとコミュニケーションが取れて、もっといいプレーが出来たんじゃないかなと思いました。

<優太>みんな1対1ばっかりで、みんな僕にパスをしてくれませんでした。

Q―ヒロシ先生の英会話授業はどうでしたか?
<日名子> 日本とは違うマナーを教えてもらったし、いろいろな英文の書き方を教えてもらえたので、中学校でも生かせると思います。

<優太>最初、絵で表わしてみなさいという問題が難しかった。でも、それで10個ぐらい英語を確実に覚えられたので良かった。

Q―日本とは違うマナーとはどんなものがありましたか?
<日名子> 普通日本はトイレが終わった後ドアを閉めなさいと言われるけど、アメリカは閉めたら人が入っていると思われるので、終わったら閉めないで開けたままにしないといけない。

Q―自分の英語は通じましたか?
<日名子> 通じませんでした。。。

Q―困ったことはありましたか?
<日名子> 買い物の時、心配してたけど上手にお金を払うことが出来たから、そんなに困らなかったけれど、自分のカメラで写真を撮ってもらいたい時にお願いする事ができなかった事は困りました。。。   

Q―買い物の時とかで分からなかった時はどうしたの?
<優太>手で表したり、ケン(同行していたプロ選手)に手伝ってもらった。

Q―コーチについては、どうでしたか?
<日名子> 言っている事は、同じなんだろうけど、英語だったのでよくわかりませんでした。

<優太>細かかったかなぁ。例えば、レッグスルーをする時の向きとか、シュート打った時の後の事とか。後ろに下がってはいけないとか。

Q―アメリカで自分のスキルが通用したものはありますか?
<日名子> ドリブルのドリルと外角のシュートが通用したと思います。

<優太>スピードかなぁ。あと、みんな1対1がほとんどで、パスをしないから、パスは自分の方がうまいと思った。笑

Q―なるほどー。じゃぁ、逆に通用しなかったと思う事はありますか?
<日名子> 自分より背が高い人が多かったので、中でシュートを打とうとしても、ディフェンスに手を上げられたら、全然ゴールが見えなかったり、シュートを打ってもブロックされたりしました。もっと、横から打つとか、打点を高くするとか、、、

<優太>みんな背か高かったから、ブロックされまくった。。。だから、(フィニッシュの時に)ずらすレイアップも練習しなければならない。

Q―シュートのバリエーションを増やすということ?
<日名子> はい。

Q―アメリカにまた挑戦したいですか?
<日名子> はい!!

<優太>うん!!

Q―NBAを見ての感想をお願いします。
<日名子> 体育館が大きかった!!背が高かった!!ダンクするのが普通で、アリウープが出ると観客が盛り上がってました。日本と違って、観客がすごく盛り上がっていて、相手がフリースローの時、敵チームがブーイングしていたのにびっくりした。

<優太>JBLとかbjリーグとか見に行ったことあるけど、それよりも全然大きくて迫力があった。

Q―老人ホームのボランティア活動はどうでしたか?
<日名子> アイスクリームを食べながら、おじいちゃん、おばあちゃんとお話しました。何度も何度も同じことを聞いてくる人がいたり、楽しかった。英語も日本語もどっちも話せる人が多かったので、みんな日本語で話してくれた。

  <優太>みんな日本語が喋れて、超楽だった(笑)  でも、あるおばぁちゃんが6回くらいも同じことを聞いてきたから、それはちょっと困ったかなぁ。

Q―テレビ局訪問はどうだった?
<日名子> 日本とあまり変わりはなかったけど、ニュースキャスターが座るような本物の席に座ることが出来たので、良い体験が出来たと思います。

<優太>いっぱいコンセントがあったから、一本でも抜いたら全部壊れるのかなぁって、考えてしまった。笑

Q―学校訪問の感想をお願いします。
<日名子> お昼ごはんを、一緒に食べました。

<優太>レイナとかヒナは、日本の給食の方が良いって言ってたけど、俺はアメリカのチキンとかの方が全然良かったし、アメリカは、髪型とか服装とか自由でそれがいいなぁと思った。

Q―アメリカの生徒は、御飯中どうだった?
<日名子> うるさかった(笑) でも、楽しかった。

Q―また、アメリカに行く機会があったら何をやってみたいですか?
<日名子> NBA観戦をまたしたいです。そして、もっといろんなところに行って、お買い物をしたい。

<優太>NBA観戦にもう一度行きたい!!

Q―アメリカを体験して、今後の抱負を教えてください。
<優太>アメリカで学んだことを生かして、中学でレギュラーを取れるように頑張りたい。部活でも一番小さいから、ずらしていくシュートや、高く打つシュートを、打って行きたい。

Q―世界基準と聞いて想像できる事を教えてください。
<日名子> 世界基準は無いと思います。無限大というか。。。基準は自分で決めるもの。世界基準とは、自分が決めるもので、決まりは無いと思う。

<優太>世界一!!

Q―一番こころに残っているものを教えてください。
<日名子> やっぱり、NBA観戦。

<優太>いっぱいあるんだけど。。。ケンとか、タイキとか、レイナとか、ヒロシさんとか、いろんな人に出逢えた事が思い出です。

Q―今後に続く、後輩たちに一言。
<日名子> 誰もが行けるとこではなく、いろいろな縁があって、アメリカに行くことが出来るので、いろいろな人に感謝の気持ちをもって頑張ってください。

<優太>アメリカの空港に行ったら、小学校で習った英語をちゃんとしとかないと、そういう英語を聞かれるから、ちゃんと言うことが出来なければ怒られるよ。小学校で、何歳ですかとか、何時ですかとか、勉強するからその事をイミグレーションの人は知っていた。ヒナが、「ハウ オールド アー ユー?」って聞かれた時、分からなくて西田コーチの方を見て助けを求めていたら、「なんで君は小学生なのに分からないんだ?小学校で勉強してるでしょ?」って怒られてた。

Q―引率してくれたコーチや、アメリカでお世話になった方へ一言。
<日名子> 私がアメリカに行くことで、周りの多くの人たちがいろいろと準備してくれたので、感謝の気持ちを伝えるだけではなく、その感謝の気持ちは、これからの、バスケットボールのプレーなどで恩返したいと思っています。

<優太>西田コーチ! またアメリカに連れていってください。

Q―10日間離れて暮らした、家族へ一言。
<日名子> 貴重な体験をさせてくださって、ありがとうございました。空港に迎えに来てくれた時、嬉しかったです。これらの体験が無駄にならないようにこれからもがんばります。

<優太>久しぶりに会った時は嬉しかったけど、もうまたアメリカに帰りたくて。。。また行きたいです!!

第2回トルネードJr.研修ツアーについては私を通すと会員価格となります。是非相談ください。

☆前回のツアーより

以前も告知しましたがトルネードJr.の、親も含めた研修ツアーの詳細が決まりました。

【テーマ】

チャレンジ! 【不安はいっぱい、でも一歩前に出てみよう!】
【目 的】
練習の積み重ねがどれだけ役にたったか確認しよう! 基本練習の大事さを認識しよう!親元を離れ、不安な中で頑張って自分を見つけます

【日 程】

 2011年3月27日~4月5日 (8泊10日)

?【費 用】

一般215,000円 会員195,000円(JBA各地のスクールに1年以上在籍している選手) 
   (渡航費 保険代 昼夜外食費別)

・費用に含まれる物 

宿泊費(朝食含む) 現地交通費 ゲームチケット代 トレーニング費 コーディネイト費 寄付金 通訳費等

トレーニング(ECBA)5日間・ホームステイ2泊3日・現地体験学習・NBAゲーム観戦・

親睦ゲーム・観光(Ride the Duckなど)

【募集人員】 

12歳以上の男女 4名以上20名まで

?

【スケジュール】(変更する事もあります 予めご了承下さい)

3月27日(日) 日本発(夕方) シアトル着(午前) ECBAトレーニング(午後)        シアトル泊

3月28日(月) ECBA(午前) 学校訪問(午後) 日系人会訪問                 シアトル泊

3月29日(火) ECBA(午前) ホームステイ先へ移動 ホームステイ              シアトル泊

3月30日(水) ECBA(午前) ホームステイ先の家族と行動 ホームステイ          シアトル泊

3月31日(木) ECBA(午前) ボーイング社訪問 スターバックス一号店訪問        シアトル泊

4月01日(金) ポートランドへ移動(午前) アウトレット(お昼) NBAゲーム観戦(夜)  ポートランド泊

4月02日(土) シアトルへ移動(午前) 親睦ゲーム(午後1時)                 シアトル泊

4月03日(日) 親睦ゲーム(午前・午後) フェアウエルパーティー(全員)           シアトル泊

4月04日(月) シアトル発(お昼)                                    

 4月05日(火) 日本着(夕方)

☆前回のツアーより

ここの読者は親が多いのでお勧めしますが、バスケットをやっている子供が居たら是非とも参加させて欲しいものです。

金額だけ見ると高そうですが、ECBA(エメラルド・シティー・バスケットボール・アカデミー)で5日間のクリニックを受けられるだけでも十分元が取れます。

ECBAへ行けば、子供より親の方が「目から鱗」状態になる筈です、それだけバスケット的に素晴らしい内容です。

それにブレイザーズのゲームも観戦できるし。

このツアーの素晴らしいところは単にバスケットの技術だけを磨くのではなく、学校訪問やホームステーが盛り込まれていて、アメリカ文化の吸収も出来るようになってます。

きっと人間的にも大きくなって帰ってくることでしょう。

発表が遅れましたが、ごく一部のコーチのみの参加だったJBA西田さん主催の「USAコーチ研修ツアー」の概要が発表されました。

NBAやNCAAのゲーム観戦が入ってますが、単なる観戦ツアーじゃありません。

コーチやマネジメントを目指す人向けの実践的アメリカ・ツアーです。

単にゲーム見学ではなく、コーチの話しが聞けたり、チームの練習見学も出来たり、内容が充実したツアーになってます。それだけではなく、同じ志を持つ人たちが夜を徹して話し合ったりもします。

今まで私が紹介した人たちは、内容の濃さに驚き、尚且つアメリカを満喫して帰って来ます。このツアーに刺激を受け、再度アメリカへ勉強しに行く人も出て来ました。

 「色々勉強してるけど、なかなかこれっていうのが見つからない」
 「アメリカの指導と日本の指導がどんなに違うのか知りたい」
 「バスケットの指導の基本ってなんだろう?」
 「アメリカのバスケット環境てどんな感じなんだろう?」
 「自分の指導の迷いを払拭したい」
 「自分のオリジナル指導を見つけたい」
上記のような悩みをお持ちの方々にはお勧めの研修会です

とりあへず下記の告知をお読みください。この内容なら安いと思います。

私に言って下されば、料金等でのサービスをいたします。

★★★JBAからのお知らせ★★★

さて、来年2月に予定しております「USAコーチ研修会」改めCoach-トルネード(シートルネード) を、ご案内させていただきます。(内容が変更になることもございますがご了承ください)

C-トルネード(予定)
(トルネード監督 西田の解説付きで研修していただきます)

★前回のツアー

◆First Group

2/4出発 2/13帰国 

・NBA観戦   ブレイザーズVSブルズ(最上部VIPルームにて観戦予定)

・NCAA観戦  シアトル大(D1)のホームゲーム

・ECBA練習見学 http://www.ecbahoops.net/index.htm

・アメリカンバスケット指導についての勉強会

・ブレイザーズ観戦に伴う『ローズガーデンツアー』

・NIKE本社 ツアー&ショッピング

・高校または大学見学

・観光

◆Second Group

2/16出発 2/25帰国 

・NBA観戦   ブレイザーズVSレイカーズ(最上部VIPルームにて観戦予定) 

・NCAA観戦  ポートランド大(D1)のホームゲーム

・ECBA練習見学 http://www.ecbahoops.net/index.htm

・アメリカンバスケット指導についての勉強会

・ブレイザーズ観戦に伴う『ローズガーデンツアー』

・NIKE本社 ツアー&ショッピング

・高校または大学見学

・観光

(日程・変更等は決定次第HP,参加予定者にはメールにてご連絡させていただきます)

☆参加人員 各12名まで(レンタカーの都合上 先着順4名単位で決定)

?◆予定参加費用(航空券・保険・食事代は含まれません 、ご注意ください)この時期航空券は5万円くらいかな?

一般会員 225,000円(私を通せば、安くしますよ=)

(参加費は宿泊費・アメリカ国内の移動費・ゲーム観戦費・コーディネート費用・他)

今回もUSAバスケットボールを満喫していただける内容となっております。

ここで体感していただいたもので、オリジナルな指導作りのお役に立てれれば幸いと思っております。

尚、第二回トルネードJr.も昨年に引き続き3/28~4/4で予定しております。

今回は保護者の方もバスケット研修としてご一緒に参加いただけるよう企画中です。

?前回の様子

C-トルネード? http://www.jbadreams.com/news/2010/04/4-1.html

トルネードJr.? http://www.jbadreams.com/news/2010/03/jr.html

子供たちの朝食の大切さ!もう一度ご確認ください(^^)

?◆参加希望・ご質問等は私宛でも結構ですし直接 Coach-トルネード責任者

広瀬幹mickeyboo1966@yahoo.co.jpまでご連絡されても結構です。その場合、あんたかのBlogを見たと言ってください。

夏休みになるとアメリカのサマーキャンプやサマーリーグにトライする選手が増えますが、逆にアメリカから日本へやってきたコーチがいます。

彼の名はジェイセン・バスケット(Jasen Baskett)、スペルはチョット違うけど、バスケットって言ふ苗字なんです。

彼はシアトルのECBA(Emerald City Basketball Academy )の創始者で今も高校生やプロ相手にコーチしています。

合気道を取り入れた身のこなしで短身者でも、長身者相手に渡り合えるテクを教えています。

ECBAは西田さんが開拓したものですが、彼を取り巻く中に日系人のミスター・アキヤマやヒロさんも居て、宿泊施設も備え、高校留学にも対応できるシステムを西田さんが作り上げています。

本来は高校生をD-1の大学に入れるためのバスケットボール教室で、ワシントン大を中心にミシガン大、アリゾナ大、ゴンザガ大へ既に150人近くを送り出してます。

またそこからVladimir Stepania(トレイルブレイザーズ)やHiram Fuller (ウィザーズ)のようにNBAへ進んだ選手も居ます。

この男、結構やるんですよ[笑]

彼が21日来日しました、名目はビジネスですが、実は教え子の「マサ こと「ソルジャー片岡」のプレーを見に来たんです。

マサは度々このBlogに登場しますが、私の紹介で第一回の トルネードで活躍した選手で、田村と共にアメリカに認められた選手です。

22日は那須で行はれているJBLサマーキャンプへ行き、ソルジャーのプレーを見てきました。

そして昨日は午前中、東京の日大でクリニックを行い、夕方は横浜の「神奈川にプロバスケットボール・チームをのYSE(Yokohama Sports Enterteinmen)へ行ったんです。

午前中は付き合えませんでしたが、夕方からはご一緒出来ました。

YSEは急なセッティングだったため大した話は出来ませんでしたが、ジェイセンと廣田社長は同じ考えのようで、これからの進展が楽しみです。

仕事が終わったらお食事です[笑]

今日は西田さんの弟のすぐるさん、第一回トルネードのアシスタント・コーチを務めたマクムード(偽)さん、同じく第一回トルネード選手のジョーダンくんが一緒です。

本当はとん太へ連れて行きたかったのですが「日本食を食べたい」と言ふジェイセンのリクエストでYSEのそばも居酒屋へ。

折角日本へ来たのだから日本らしい料理、と言ふことでお豆腐、出汁巻卵、肉じゃが、焼き鳥、刺身盛り合わせ、かき揚げ、、、、後は覚えてない[笑]

そして〆はお茶漬けとおにぎりにお味噌汁。完璧でしょう[爆笑]

彼が偉いのは、チャレンジ精神が旺盛で、箸を使い、日本食を率先して食べたことと、判りやすい英語を使うことです。シアトルでも日本人やアジア人を多く教えているので、そんな習慣が身に付いたのでしょう、体つきはデブですが、実に考え方がスマート!

こんなアメリカ人は希少価値です[笑]

昨日は生ビールと何十年かぶりで今流行の「ハイボール」を飲んじゃいました[笑]

私とジェイセン以外はお酒を飲まないので、終わりは早かったです[笑]

そうそう、今度ECBAで[305]のユニフォームを着ることになりました。←これはジェイセンの社交辞令だと思うけど。でも円高なのに日本とアメリカは価格がそれほど変わらなかった。

日本製が良いのは価格だけじゃないけどね(鼻高々)

ブレイカーズの合宿やら私事で土、日曜日とBlogをサボってしまいましたm(__)m

昨日届いたギークのJBLサマーキャンプのリポートです。

JBLサマーリーグはプロ野球で言ふオープン戦に当たるもので、開幕までの調整機関としてベンチメンバー、怪我から戻って来た選手、若手を中心に組まれることが多い。

***********************

あんどうさん

昨日(一昨日)は、大田原市の県北体育館でJBLサマーキャンプがありました。新ルールでの練習試合です。

東芝は、昨年度の王者リンク栃木との対戦で、78-71でなんとか逃げ切りました。

栃木は、田臥選手も川村選手もDNP。

東芝は、菊地くん、燕キンがDNP。

てなわけでスタメンは、東芝:#1小野#5山下#17桑原#20加々美#33コーリー・バイオレッ

栃木:#5スコット・メリット#37並里#34伊藤#40田中#91片岡でした。イートン怪我治って良かった。

超アウェーの中、体の当たりが強い栃木に勝ち、コートに立った栗原くんやチャックを応援できたので良かったです。

二人とも落ち着いたプレイで、キチッと決めるべきところでシュートを決めてました。

宮永くんのポイントガードも新鮮で、三菱との開幕戦で五十嵐選手とのマッチアップが楽しみです。キャーッ!

一方で、ルーズボールの追いかけかたなどを見ていると、栃木の選手にくらべてボールに対する執着心が、、、うーん。

また、ファンタジスタ並里選手にCoast-to-Coastでいまだに気持ち良く抜かれていては、ディフェンスの東芝らしくないですね。

コーリー、お願いだから、開幕戦ではポロポロとシュート外さないように頼むよー!まあ、昨日が開幕戦だと思えば大丈夫?

東芝VS栃木

1Q:19-22

2Q:18-11

3Q:21-14

4Q:20-24

計:78-71

以上 ギーク

***********************

ギーク有難う。

チャックの加入で弱点の3、4ポジションが厚くなるね。

チャックこと元トヨタのチャールズ・オバノン選手は東芝と契約したそうです。

アレッ!! これってオフレコ???

その他の結果

第一日目

日立73-64三菱

パナソニック85-77レラカムイ北海道

アイシン78-76トヨタ

第二日目

三菱110-81レラカムイ北海道

パナソニック87-79日立

アイシン89-82東芝

トヨタ75-70リンク栃木

?

2009-2010 JBL 優勝のブレックスVS本場アメリカIBLのルケーノーズ

JBAの西田さんたちが中心となって立ち上げた「熊本にプロバスケットボールチームをみんなで創ろう会 http://kumamoto-probas.com/ 」が協力する[Basketball Festival 2010 in Kumamoto]が来月行はれます。

熊本の子供たちに本物のバスケットボールを見て欲しいため、「日本一になったチームと、本場アメリカ・チームのゲームを間近で体感して欲しい」と言ふ想いに共感してくれたリンク栃木ブレックスとバンクーバー・ボルケーノーズが戦います。

89日(月)熊本県立総合体育館   16:00開場 18:30試合開始

810日(火)人吉スポーツパレス   16:00開場 18:30試合開始

http://kumabaske.web.fc2.com/basketballfestival2010.html

チケット Web 販売開始いたしました(申し込み締め切り日【7月31日】)

ゲームだけじゃなくリンク栃木ブレックス公開練習もあります。

8月 6日(金)16:00~18:00 益城総合体育館

8月 7日(土)15:30~17:30 益城総合体育館

8月11日(水)14:00~16:00 人吉スポーツパレス

詳細は創ろう会のHPに書いてあります。

カレンダー

2018年8月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

BasketBall Net ProShop